ビートルズが今でも人気な4つの理由【人気の秘密を解き明かす】

ビートルズについて

ビートルズ(The Beatles)のレコードの売り上げ枚数は遠い昔に10億枚に到達して、以降誰も数えていない状態です。すなわち、人類が把握できないほど売れています。

これは1960年代に生じた突発的出来事ではありません。今なお売れ続けているのがすごいところ。

ベスト盤『ビートルズ1』は2000年代で最も売り上げたアルバムに認定されていますし、『アビーロード』の50周年記念盤は50年ぶりにアメリカビルボードで1位を獲得しました。

音楽以外の話題にも事欠きません。最近ではビートルズをモチーフにした映画『イエスタデイ』も公開されました。

今なお続くビートルズ現象はどう説明されているのか?

残念ながら、明確な説明きいたことがありません。アカデミックの分野は何をしているんだ!と怒りすら覚えます。

唯一無二の文化現象を無視して何が学問だ!と叫びたいですが、叫んだところでどうにもなりませんので、自分自身でやるしかない!

ということで私が考えるビートルズの人気の秘密を4つ紹介します。なんの学問的裏付けもございません。ご了承ください。 読むのが面倒な方はYou Tubeでどうぞ

スポンサーリンク

生み出した作品のクオリティが群を抜いている!!

当たり前ですね。作品にパワーがなければ人気は継続しないどころか、人気がでませんよね。では、ビートルズの作品はどれだけクオリティが高かったのか?

計測するのが難しいですが、ロックの専門雑誌『ローリングストーン』が全時代のアルバムベスト500を発表していますので、それを見てみましょう。

第1位 『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』
第3位 『リボルバー』
第5位 『ラバーソウル』
第10位『ザ・ビートルズ』
※2019年9月12日閲覧

一目瞭然ですね。ベスト10位に4枚のアルバムを送り込んでいます。驚きの記録をたたき出しています。やはりクオリティが尋常ではないのです。

では、なぜその尋常ならざるクオリティを発揮できたのでしょうか?

メインコンポーザーが二人以上存在するミラクルバンド

ビートルズという1つのバンドの中にジョンレノン(John Lennon)とポールマッカートニー(Paul McCartney)がいたことがミラクルなのです。

ビートルズ以外でもバンド内にコンポーザーが2人以上いるバンドは存在しますが、ジョンとポールほど高い水準で作曲能力が拮抗していたバンドはビートルだけでしょう。

しかも後期になるとそこにジョージハリソン(George Harrison)加わってきます。

ジョンだとA Hard Day's NightやHelp、Strawberry Fields Foreverなど、ポールだとYesterday、Hey Jude、Let It Be…、ジョージは圧巻のSomethingです。

3人がそれぞれメインで作曲した曲が世界中で大ヒットしているのです。加えて、曲調もさまざま。ターゲット層の幅広さもビートルズ人気を支える秘密の1つです。

子供はものごころつく前からビートルズ体験をしている

ターゲットの幅広さもビートルズの特徴。犬に聞かせる曲も用意しているほどです。そもそもロックンロールを不良の音楽から一般大衆のものにしたのもビートルズです。

特筆すべきはキッズ向けの楽曲です。

Yellow SubmarineをはじめOb-La-Di, Ob-La-Da、All Together Nowがそれにあたります。子供はみんな大好きです。子供向けのテレビ番組、幼稚園、保育園で聞いてお遊戯です。ものごころつく前からビートルズに触れているのです。

そのインプリンティングが大人になったら効いてきます。

  • あ、聞いたことある…、好き!
  • この歌、なんか聞き覚えある…、好き!
  • 聞いたことあるような、ないような…、好き!
  • よくわからないけど…、好き!

という感じです。

これら楽曲は子供向けだけあってか、ユーモアたっぷり。そうですビートルズはユーモアのセンスも抜群でした。ジョンによる少々毒のはいったものも含め、ユーモアもビートルズの人気を構成する一要素であることは間違いありません。

ビートルズの記者会見はコメディーショウ

アメリカ初上陸時の記者会見の一幕。

  • 記者「あいさつ代わりに一曲歌ってくれませんか?」
  • ジョン「その前に金だ」
  • 女性記者「服は誰が選ぶの?」
  • ジョン「自分で選ぶよ。あなたは?」
  • 女性記者「夫です。ところで気の進まない話題は?」
  • ジョン「あなたの夫の話題」

などなど、その他にもいろいろと記者会見でふざけて世界中をからかっています。

  • 記者「世界中をからかっている気分はどう?」
  • リンゴ「楽しいよ」
  • ポール「別に本気でからかっているわけじゃないよ」
  • ジョージ「ほんの少しだけだ」
  • ジョン「からかわれている気分はどうだい?」

人気が出ないわけがないですね。台本なしでさらりと返せる知的なユーモアのセンスはビートルズならではですね。記者会見語録はまだまだあるので、ぜひ調べてみてください。

まとめ ビートルズの人気の秘密を調べるのはおもしろい!

何の裏付けもないまま、つらつらと私が思うビートルズの人気の秘密を紹介してきました。まとめると…

  • 楽曲がすばらしい!
  • そのすばらしい楽曲を作る人が二人以上いるよ!
  • 子供向けにも作ってるんだぜ
  • ユーモアたっぷり

ここでは4つにとどめていますが、探せばまだまだでてくるはずです。ビートルズ人気の明確な理由を探し当てるのは難しいですが、こうしてあーでもないこーでもないと考えるのがとても楽しい!

もしかすると、あーでもないこーでもないと考える楽しさもビートルズの人気を支えるものの1つなのではないかという気がしています。

ビートルズをコンプリートするには全13枚のオリジナルアルバムとパストマスターズシリーズを手に入れる必要があります。興味はあるけど、躊躇してしまう…、途中で挫折してしまうかも…
そんな方でも安心してください。以下のページで全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介しています。ちょっとしたアルバムガイドになっていると思います。ビートルズを聞けば人生が変わります。何事にも前向きになれます。ビートルズで人生を切り開いてください。

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました