ビートルズの【初期、中期、後期】をざっくり紹介(いまさら聞けないビートルズ知識)

ビートルズの歴史

ビートルズを聞き始めた皆様、ビートルズって時代で区切られて語られることが多いことに気づきませんか?

そもそもビートルズのことがよく分からない方はこちらの記事をどうぞ10分でわかるビートルズの歴史 )

ビートルズのメンバーを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ( ビートルズのメンバー紹介はこちら)

  • やっぱりビートルズは中期が一番いいよな
  • いやいや後期ビートルズだろう
  • 結局、初期ビートルズに戻ってくるんだよ

なんていう会話がそこら中にある。みんな知っていることを前提に話しているんですよね。でも、ビートルズを聞き始めたばかりの人にとっては、いまいちピンとこないんじゃないかなと。

近くのビートルズマニアに聞けば解決するのでしょうが、熱量とビートルズ愛に圧倒されて…、という人も多いと思います。

そこで今回は、ざっくりと何をもって初期、中期、後期とされているのかを紹介します。

ビートルズの活動期間は1962年から1970年までの約8年。分け方はいろいろありますが、初期、中期、後期がいちばん一般的でしょうか。

読むのが面倒な方は動画もあります!Youtubeへ

スポンサーリンク

初期:リバプールのビートルズから世界のビートルズへ

何を基準にして時代区分がなされているのか?答えはアルバムです。アルバムの作風をもって区分されています。初期と位置付けられているアルバムは以下の5作。

  • プリーズプリーズミー
  • ウィズザビートルズ
  • ハードデイズナイト
  • ビートルズフォーセール
  • ヘルプ!

若さの象徴ですね。どれも非常にエネルギッシュなアルバムです。

リバプール限定の人気者だったビートルズが、イギリス全土、ヨーロッパ各国、アメリカ合衆国、世界にその人気を拡大していった時期。

それがビートルズの初期です。

初期のビートルズのアルバムに共通するのはポップで陽気なサウンドです。ポップで陽気だからといって決して稚拙なわけではありません。

初期ビートルズのすごいところは、サウンドを含めたポップで陽気なビートルズのイメージを世界中に強烈に刻印したところです。

今、いわゆるビートルズっぽい音と表現されるのは、この時期のサウンドを指していることが大半で、そういう意味では、初期ビートルズサウンドは完全に1つのジャンルとなっています。

中期:実験的サウンド、サイケデリック満開のレコーディング時代

レコーディング技術を駆使して、新しいサウンドを追求しはじめるのが中期です。ビートルズの中期のアルバムとして位置づけられているのが以下の4作。

  • ラバーソウル
  • リボルバー
  • サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド
  • マジカルミステリーツアー(※面倒なのでアルバム扱いします)

ターニングポイントとなったのが5作目の『ラバーソウル』です。この『ラバーソウル』には強烈に刻印した初期ビートルズのイメージはありません。

メンバー自身も認めているようにこのアルバムの制作過程で、レコーディング技術に興味を持ち、以降、ビートルズの音楽的表現の幅は大きく広がっていきます。

また、同時期に盛り上がりつつあったドラッグカルチャーやサイケデリックムーブメントなどとビートルズの音楽は融合していき、非常に実験的なアルバム『リボルバー』をリリース。

そして1960年代カルチャーの象徴的アルバムの『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』を生み出します。

中期ビートルズは非常にエキサイティング!この時期のビートルズを知っておけば玄人っぽく語れますよ。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

中期ビートルズを聞けばビートルズが分かる! 

 中期の名作『リボルバー』最強説

後期:ビートルズの原点回帰と第三のソングライターの出現!

60年代後半、時代はヒッピームーブメント真っただ中ですが、ビートルズは『マジカルミステリーツアー』をもって、あっさりとサイケデリックなサウンドをやめて原点回帰ともいえるサウンドを目指します。それがビートルズの後期です。

ビートルズの後期のアルバムとして位置づけられているのが以下の4作です。

  • ザ ビートルズ(通称:ホワイトアルバム)
  • イエローサブマリン
  • レットイットビー
  • アビーロード

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴそれぞれの音楽性が楽しめる大作『ザ ビートルズ』から最後のオリジナルアルバム『アビーロード』までがビートルズの後期とされています。

サウンド的には、原点回帰といいますか、メンバーそれぞれが自分のやりたいことをやっているという感じです。それでも名曲・名作をそろえてくるところがビートルズのすごいところ。

そして後期、最も注目すべきポイントは、ジョージハリソンの台頭です。メキメキとソングライティングの腕を上達させます。

  • While My Guitar Gently Weeps 『ザ ビートルズ』収録
  • Something 『アビーロード』収録
  • Here Comes the Sun 『アビーロード』収録

この3曲あたりは、知っている人が多いと思います。いまなお、これらの曲はおしゃれなカフェでいい感じで流れています。

3曲すべてジョージの後期の作品です。

レノンマッカートニーと肩を並べるビートルズ第三のソングライターの出現です。

原点回帰、第三のソングライターの出現が後期にはあるのですが、残念ながらビートルズは『アビーロード』の制作を最後に解散します。ここまでが、ざっくり後期です。

結論:初期、中期、後期 どの時期のビートルズも魅力的である

ビートルズの初期、中期、後期をざっくりと紹介してきました。

『ヘルプ!』は中期だろバカヤロー!みたいな意見もあると思いますが、あくまで一般的な分けかたをここでは紹介しています。

ぜひ初期、中期、後期と意識しながらビートルズを聞いてみてください。オリジナルアルバムについて、ちょとっした解説をしておりますので参考にしてみてください。
オリジナルアルバムのちょっとした解説はこちらから

どの時期が好きになるかは…

その人次第、

そしてそのときの気分したいです。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました