1968年-1970年(後期)

1968年-1970年(後期)

【駄作なの!?】ビートルズの『Let It Be』の評価と全曲紹介

ビートルズのアルバム『Let It Be』の評価ってどうなの?なんだかわからないけど"集中力に欠けるアルバム"だとか"散漫なアルバム"だとか聞くけど、本当のところはどうなのでしょう? 気になりますね。 ということで、今回はビート...
1968年-1970年(後期)

【Abbey RoadとLet It Be】ビートルズのラストアルバムはどっち?

活動期間約8年の間に名作を大量に残してきたビートルズ(The Beatles)。オリジナルアルバムを12枚、『Magical Mystery Tour』を数に加えるとわずかな活動期間内に13枚ものアルバム(人類の宝)を残してくれています。 ...
1962年-1965年(初期)

【現代アート】ビートルズのLP(アルバム)ジャケット入門

令和の今、音楽へのアクセスが非常に簡単になってますね。数回タップすれば、お目当ての音楽が聞けてしまう。ビートルズもそうです。音楽の聞き方が変わってきました。 音楽の聞き方の変化は今に始まったことではなく、古くはレコードの発明、ジューク...
スポンサーリンク
1968年-1970年(後期)

【レットイットビー50周年】Let It BeもいいけどTwo of Us にも注目したい!

ビートルズ(The Beatles)のアルバム。待ち遠しいですね。 『レットイットビー50周年エディション』、2020年3月現在、完全にリリースされる前提でおります。楽しみで仕方がないのです。映画の公開に合わせてのリリースが予想されま...
1968年-1970年(後期)

【レットイットビー50周年エディション】Get BackもいいけどDig itに期待したい!

『レットイットビー』の50周年エディションのリリースはあるのでしょうか!? 2020年2月の段階で、映画に関する情報はいろいろと伝わってきています。もとをたどれば2019年の1月。『ロード・オブ・ザ・リング』のピータージャクソン監督が...
1968年-1970年(後期)

後期ビートルズのリーダーはジョン?ポール?ジョージ?【作曲数とボーカル数で比較】

アビーロード(Abbey Road)50周年!令和元年盛り上がりましたねー。約50年ぶりに1位を獲得したようで、改めてビートルズの存在をデカさを感じました。 令和2年、レットイットビー(Let It Be)50周年はあるのでしょうか?...
1968年-1970年(後期)

ビートルズの名曲 Get Backが頭から離れない!『レットイットビー』50周年盤はあるのか?

2020年、楽しみですね!今からワクワクしています。 東京オリンピック? いやいや、ビートルズ(The Beatles)の『レットイットビー(Let It Be)』50周年記念盤です。リリースされますかね?されるでしょう。希望的...
1968年-1970年(後期)

『アビーロード』全曲紹介 50年を超えて愛されるビートルズの名盤

令和元年の秋。『アビーロード(Abbey Road)』50周年記念で盛り上がってますね。イギリスの音楽チャートで1位を49年と252日ぶりに奪還したのだとか。解散してもなお、この現役性を保っているのはビートルズ(The Beatles)くら...
1968年-1970年(後期)

いろんなバージョンが楽しめるビートルズの名曲アクロスザユニバース

ビートルズ(The Beatles)の名曲 アクロスザユニバース(Across the Universe)が無性に聞きたくなることってよくありますよね。私はしょっちゅうあります。年中あります。そのたびに思うのです。 バージョンが多すぎ...
1968年-1970年(後期)

ビートルズ『アビーロード』50周年エディションは聞きごたえ十分!!

2019年9月27日(金)、ついにビートルズ(The Beatles)の名作『アビーロード(Abbey Road)』が我が家に届きました。最初の感想は、あいかわずデカい!横断歩道がデカい!『サージェント~』の記念盤あたりからやたらと巨大化が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました