10分でわかるビートルズの歴史!人気バンドの誕生から解散までをざっくりまとめました

ビートルズについて

ビートルズ(The Beatles)に興味を持ち、彼らの音楽を聞いたり彼らのことが書かれている書籍を調べたりすることは人生を豊かにする行為だと言っても過言ではありません。

ビートルズをあまり知らない若い世代にも彼らの曲は届いていて、「あ、この曲、聞いたことがある!」みたいなことを言われることがよくあります。そして…

「ビートルズの曲だったの?」

と、言われることも。

ビートルズを何となくでしか知らない人も増えています。そんな人にもっとビートルズを知ってもらいたく、彼らの歴史をざっくりと年表形式でまとめました。ぜひ参考にしてください。

 ビートルズ入門編!スゴイところをまとめた記事はこちらからどうぞ。

全英/全米で1位を記録した27曲が最高の音と映像で登場! 2000年にリリースされ全世界で3200万枚のセールスを記録。2000年代に最も売れたアルバムです。これ1枚でだいたいビートルズがわかる!でも、わかってからがビートルズ道のスタートです。ビートルズ研究のスタート地点に立たせてくれるアルバムです。
スポンサーリンク

ビートルズが港町リバプールで誕生してからデビューするまで

ビートルズのメンバーの誕生

1940年7月7日 リンゴ・スター(本名:リチャード・スターキー)誕生

1940年10月9日 ジョン・ウィンストン・レノン誕生

1942年6月18日 ジェイムズ・ポール・マッカートニー誕生

1943年2月24日 ジョージ・ハリソン誕生(出生届は2月25日)

 ビートルズのメンバー紹介はこちら

全員イギリスのリバプール出身です。最年長はリンゴとジョン。彼らの2歳年下がポールで、さらにその1歳下がジョージです。メンバー間で3歳の年齢差があります。いつまでたっても年下扱いするポールをジョージは根に持っています。

1957年3月 ジョンがビートルズのルーツとなるバンドのクオリーメンを結成

1957年7月6日 ジョンとポールが出会う

1957年7月7日 ポールがクオリーメンに参加

1958年2月 ジョージがクオリーメンに参加

ここまででビートルズの骨子をなす3名がそろいました。このころから3人はずっと一緒です。リンゴの加入はもう少し先です。

デビューまでの下積み時代

1960年6月 バンド名をビートルズに変更

1960年8月 初のハンブルグ巡業でリンゴに出会う

ハンブルグ巡業中、別のバンドのドラマーとして来ていたリンゴに出会います。ハンブルグで人気を獲得しつつあったビートルズですが、1960年11月にジョージがビザなし労働がバレて強制送還、翌月12月にはポールがボヤ騒ぎを起こしてドイツ国外退去処分を受けます。

1961年1月より キャバーンクラブに出演

1961年3月 再びハンブルクへ 髪型がマッシュルームカットへ

1961年6月 ドイツで「マイボニー」発売(ト二ーシェリダンのバックバンドとして)

1961年11月9日 ブライアンエプスタインがキャバーンを訪れる

後にマネージャーとなるブライアンがビートルズに興味を持ったのは、経営するレコード店「ネムズ」に少年が訪れ、「ビートルズのマイボニーというレコードありますか?」こう尋ねたのが切っ掛け。少年の名はレイモンドジョーンズ。長くその存在を疑問視されていた人物です。

1962年1月24日 ブライアンエプスタインと正式にマネジメント契約を結ぶ

1962年3月 元旦に受けたデッカ・レコードのオーディションから不合格通知が届く

この時、ビートルズを不合格にさせたのは同社のディック・ロウ。「これからギターのグループは流行らない」的なことを言ったそうです。”世界一見る目のない男”として有名になりました。

1962年7日 EMI傘下のパーロフォンとレコード契約を結ぶ

1962年8月23日 ジョンがシンシア・パウエルと結婚

1962年8月 リンゴスターがビートルズに加入

リンゴが加入するまでピートベストがビートルズのドラムを担当。解雇通告は3人の総意だったようです。3人はどうしてもリンゴと演奏したかったのでしょう。この3人から求められるドラマーはこの惑星でリンゴだけです。

さて次からはいよいよデビューです。リバプールの4人組がイギリス・ヨーロッパを席巻し、ついにはアメリカ合衆国、世界を征服していきます。

ビートルズのデビューから世界制覇まで

イギリスとヨーロッパを制覇した1963年

1962年10月5日 Love Me Doでレコードデビュー!

1963年1月11日 2ndシングルPlease Please Meの発売

1stシングルLove Me Doはイギリスで最高位17位どまり。2ndシングルPlease Please Meで初のイギリス1位を獲得。ここからビートルズの快進撃が始まります。

1963年3月22日 1stアルバム『プリーズプリーズミー』発売

1963年4月12日 3rdシングルFrom Me to You発売

1963年7月1日 4thシングルShe Loves You発売

アルバム『プリーズプリーズミー』は30週連続1位を記録するほどの大ヒットを記録。もちろんシングルも大ヒット。ちなみに4thのShe Loves Youは年末までの130万枚を売り上げます。これがイギリス初のミリオンセラーシングルです。(『プリーズプリーズミー』だけで聞ける曲は?

1963年11月4日 ロイヤルバラエティショーに出演

エリザベス女王ら皇族をの列席を仰いで催される御前演奏会に出演。「安い席の方は拍手を、それ以外の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」とジョンレノンがジョークを飛ばす。今となっては伝説です。

1963年11月22日 2ndアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』発売

1stアルバムの連続1位記録を阻んだのがこのアルバム。この時すでにビートルズ以外でビートルズを超えることはできない状態になっていたようです。ちなみにこのアルバムも21週連続1位を記録しています。(『ウィズザビートルズ』は買い?このアルバムじゃなきゃ聞けない曲は?

1963年11月29日 5thシングルI Want to Hold Your Hand発売

いよいよ世界へ羽ばたく準備が整いました。この曲をきっかけにビートルズの人気はワールドクラスになっていきます。

ポールの陰謀?なぜビートルズのデビュー曲はLove Me Do(ラブミードゥ)なのか?
”Please Please Me”や”She Loves You”に比べるとやはりイマイチ いい曲なんだけど、なぜ ”Love Me Do”?素朴にそう思ってしまいます。 「当時の彼らの作曲能力をもってしたらこの曲がベストだった」...
【おすすめ】ビートルズのデビューアルバム『Please Please Me』の評価と全曲紹介
歯が痛い、耳が痛い、お腹が痛い、頭が痛い、いろいろ痛い・・・ビートルズを聞いてみるのは、いかががでしょうか。初期の痛み、風邪のひきはじめには、初期のサウンドがマッチします。アルバム『Please Please Me(プリーズ プリーズ ミー)』がいいかもしれません。
【おすすめ】ビートルズの2ndアルバム『With The Beatles』の評価と全曲紹介
世界最高のバンドとの評価を受けているビートルズ(The Beatles)。彼らの作品のクオリティは他を圧倒しています。シングル作品もGoodですが、アルバム作品はなおのことGood。活動期間中に残した珠玉の13枚は人類の宝として、ながく受け...
【1963年のビートルズ】英国制覇までをランキング形式で紹介
とにかく忙しかったのが初期のビートルズ(The Beatles)です。短期間にいろいろな出来事があって、ビートルズの歴史を追いかけている我々のようなファンであっても、 あれ?これ1963年の4月だっけ? え、5月じゃない...
アメリカ合衆国と世界を完全に制覇した1964年

1964年1月 I Want to Hold Your Handがアメリカで1位を獲得

ビートルズのメンバーが憧れに憧れたエルヴィス・プレスリーがいる国、アメリカ合衆国でついに1位になります。これには冷静なブライアンも祝賀の席で便器をかぶって喜んだそうです。便器!?表現の仕方が独特です。

1964年2月9日 アメリカの人気番組『エドサリバンショウ』に出演

この時の『エドサリバンショウ』の視聴者数は7300万人、視聴率72%だったそうです。ビートルズが出演していた時間帯には若者の犯罪が発生しなかったと言われるほど、若者はみんな見ていました。完全にビートルズはアメリカ人の心をわしづかみにしました。

1964年3月20日(アメリカは16日) 6thシングルCan’t Buy Me Love発売

アメリカでは予約だけで210万枚のセールスを記録。史上もっとも予約枚数のあったレコードとしてギネスに認定されています。

1964年4月4日 アメリカのビルボード誌のチャートでトップ 5 を独占

1位 Can’t Buy Me Love、2位 Twist & Shout、3位 She Loves You、4位 I Want to Hold Your Hand、5位 Please Please Me

!!

1964年7月6日 主演映画『アハードデイズナイト』が公開

この映画がモノクロなのは失敗を恐れて低予算で制作されたため。結果は、言うまでもありませんね。大ヒットです。この映画の撮影中にジョージは最初の妻パティ・ボイドと出会っています。

1964年7月10日 7thシングルA Hard Day's Night発売

同日 3rdアルバム『ハード・デイズ・ナイト』発売

『ハードデイズナイト』でしか聞けない曲は?

1964年11月27日 8thシングルI Feel Fine発売

1964年12月4日 4thアルバム『ビートルズフォーセール』発売

恐ろしいほどの働きっぷりです。1年の間にシングル3枚とアルバム2枚。しかもツアーをやりながらです。この1年でビートルズは完全に世界を制覇しました。

『ビートルズフォーセール』じゃないと聞けない曲は?

ビートルズであることの苦悩が見え始めた1965年

1965年2月11日 リンゴがモーリーン・コックスと結婚

1965年4月9日 9thシングルTicket to Ride発売

1965年7月19日 10thシングルHelp!発売

ビートルズのシングルやアルバムは、書くのが面倒になるくらい1位です。このHelp!が他のこれまでの他のシングルと異なるのは、ジョンの悲痛なメッセージが込められていること。人気絶頂の中で「助けて!」と叫んでいます。

1965年8月6日 5thアルバム『ヘルプ!』発売

名曲Yesterdayをしれっと収録してファンを驚かせます。『ヘルプ!』じゃなきゃ聞けない曲は?

1965年8月 シェア・スタジアムでのコンサート(人類初の球場コンサート)

1965年10月26日 M.B.Eを叙勲(ロックンロールグループ初の快挙)

1965年12月3日 11th両A面シングルWe Can Work It Out/Day Tripper発売

同日 6thアルバム『ラバーソウル』発売

本作からビートルズは中期に入ります。レコーディングに時間をかけるようになり、実験的な楽曲も増えてきます。陽気でポップなビートルズの殻を破り捨て、本格的なアーティストへと変貌をとげます。

ビートルズの革新的なコーラスが聞ける名曲は?選ぶとしたらこの2曲!!
ビートルズの人気の秘密が気になるあなた。ビートルズの歌唱力を見逃してはいませんか?クイーンのフレディマーキュリーも凄いけど、ビートルズもなかなか聞かせてくれますよ。 特にコーラスワークが素晴らしい。そこでこの記事では、ビートルズの革新...
ビートルズの名曲イエスタデイを聞くならアルバム『ヘルプ!』をおすすめする3つの理由
ダニーボイル監督の映画『イエスタデイ』、期待大ですね。今回は映画のタイトルにちなんで、あの誰もが知っているビートルズ(The Beatles)の名曲イエスタデイ(Yesterday)について。 イエスタデイを聞くならオリジナルアルバム...
ビートルズの『Rubber Soul(ラバーソウル)』の評価と全曲紹介
アルバム『ラバーソウル(Rubber Soul)』の評価ってどうなの?どんな曲がはいってるの?気になりませんか?気になりますよね。 どのアルバムから聞こうかな? なんて迷っている方は、ぜひ参考にしてください。今回は、ビートルズ(...
【名盤】『ラバーソウル』にしかないビートルズの名曲3選
ビートルズ(The Beatles)の公式アルバム『Rubber Soul(ラバーソウル)』は買って聞きこむべきです。でもね、ちょっと躊躇する気持ちも分かります。 知ってる歌は入ってるかな? 良い曲、あるかな? ...

次はビートルズの黄金期ともいえる極彩色な中期です。

サイケデリックムーブメントを牽引するビートルズ

主戦場をコンサート会場からレコーディングスタジオへ移した1966年

1966年1月~4月 さすがに休憩

1966年1月21日 ジョージがパティ・ボイドと結婚

1966年6月10日 12thシングルPaperback Writer発売

1966年6月30日 来日公演

この時にビートルズはコンサート会場に武道館を使用。よく知らない識者と言わる人たちに文句を言われるが無視して開演。結果、武道館がロックの聖地と化します。

この時文句を言っていた人の中に武道館会長の正力松太郎という人がいます。ビートルズについて「ペートルとかいうのは何者だ、武道館を使わせるなんてけしからん」的なことを言ったらしいですが、よっぽど世界が見えていなかったんでしょう。世界を席巻していたビートルズをペートルって。デッカのディック・ロウに続く、見る目のない男です。

1966年7月29日 ジョンのキリスト教に関する発言がアメリカで話題になる

1966年8月5日 13th両A面シングルYellow Submarine/Eleanor Rigby発売

同日 7thアルバム『リボルバー』発売

1966年8月29日 アメリカのキャンドルスティックパークを最後にコンサートをやめる

1966年11月 ジョンがオノヨーコに出会う

ロックはアートに昇華 傑作『サージェントペッパーズ』に辿りついた1967年

1967年2月17日 14th両A面シングルStrawberry Fields Forever/Penny Lane発売

ジョンとポールがともに幼少期のころを歌っている作品で、ビートルズの最高傑作シングルと言われています。ただ、イギリスで連続1位記録が途絶えてしまったシングルでもあります。両A面にしたため、売り上げ枚数計算が分散してしまったらしいです。順位はともあれ名作であることには違いありませんね。

1967年6月1日 8thアルバム『サージェントペパーズロンリーハーツクラブ・バンド』発売

でました!ロックの金字塔。初のコンセプトアルバムと位置付けられている作品です。ここにおいてビートルズの音楽はアートになりました。当時のニューヨークフィルの常任指揮者のレナード・バーンスタイン曰く「ビートルズ・サウンドはバッハのフーガに匹敵する美しさを持っている」

1967年6月25日 世界25ヵ国での衛星同時生中継番組『アワ・ワールド』に出演

1967年7月7日 『アワ・ワールド』で披露した15thシングルAll You Need Is Love発売

1967年8月27日 マネージャーのブライアンエプスタインが死去

1967年11月24日 16thシングルHello, Goodbye発売

この曲のB面はジョンのI am the Walrusです。WalrusをA面シングルにしたかったジョンはHello, Goodbyeをあまり評価していません。ジョンクラスの大物になっても嫉妬があるですね。相手がポールだからでしょうけど。

1967年12月8日 EP盤『マジカルミステリーツアー』発売

1967年12月26日 TV映画『マジカルミステリーツアー』が放映

TV映画『マジカルミステリーツアー』の視聴率はイギリスで実に75%を記録。ただ、評価は芳しくなかったようで、あまり好意的な意見は見られません。一連の『マジカルミステリーツアー』は音楽的には成功しましたが、映像的には失敗?なのかな。

マネージャーのブライアンエプスタインが亡くなって、どことなくまとまりがなくなってきたビートルズ。初期から中期まで完璧なチームワークをみせていたビートルズも後期になると個人ワークが増えてきます。

次はメンバーの個性が光る後期から解散までの紹介です。

原点回帰を目指すも4人はバラバラに個性の時代から解散まで

4人が個性を発揮しすぎてしまうホワイトアルバムの時期

1968年2月 瞑想のためインドへ

ジョージとジョンは2ヶ月滞在。ポールは一定の成果を得て40日で帰国。リンゴに至っては飯がまずいといって10日足らずで帰国します。ここでも4人の個性が分かりますね。

1968年3月15日 17thシングルLady Madonna発売

パロフォーンレーベルからの最後のシングル。以降の作品はビートルズが自ら設立したアップルレコードの作品となります。

1968年7月17日 アニメーション映画『イエローサブマリン』公開

1968年8月30日 18thシングルHey Jude発売

ビートルズ最大のヒット曲となったHey Judeは、ジョンの息子ジュリアンにむけてポールが作った曲です。7分を超える常識破りな曲です。2012年のロンドンオリンピックでも演奏されました。

1968年11月22日 9thアルバム『ザ・ビートルズ』発売

このアルバムの制作期にリンゴが一時的に脱退をする騒動を起こしますが、すぐに戻ってきます。前作で見られたコンセプトはなく、4人がそれぞれやりたいことをしたアルバムと言われ、ビートルズ崩壊の始まりの作品とも言われています。でもめちゃくちゃ売れます。

解散を目前に見せた最後の輝き

1969年1月2日 ゲットバックセッション開始

初期のころのように、4人そろって一発録音スタイルを目指してはじめられたセッションです。このころになると、レコーディング技術が発達して、4人がスタジオにそろうことが稀になっていました。そこに問題意識をもったメンバーは初期のころのようにしようと集まります。

1969年1月10日 ポールとの口論によりジョージが一時的に脱退

1969年1月17日 10thアルバム『イエローサブマリン』発売

ビートルズの公式アルバムで唯一1位にならなかったアルバムです。アメリカビルボード最高位2位どまりでした。ちなみにこの時1位だった作品はホワイトアルバムです。

1969年1月30日 伝説のルーフトップコンサート

1969年3月12日 ポールがリンダ・イーストマンと結婚

1969年3月20日 ジョンがヨーコ・オノと結婚

1969年4月11日 19thシングルGet Back発売

1月から開始されたゲットバックセッション中にレコーディングされました。険悪なムードの中で制作されたシングルですが、やたらと売れます。全世界で1000万枚を売り上げています。

1969年5月30日 20thシングルThe Ballad of John and Yoko発売

謎!

1969年5月 アルバム『ゲットバック』の発売がお蔵入り

1969年7月 気持ちを新たにレコーディングセッション開始

1969年9月26日 11thアルバム『アビーロード』発売

グループ内のゴタゴタ、解散間近と噂される中で、完璧ともいえるクオリティの作品を世に送り出します。ビートルズは最後の最後までファンをいい意味で裏切り続けます。

1969年10月31日 21th両A面シングルCome Together/Something発売

Somethingはジョージ初のシングル曲です。ビートルズは最後の最後でさらに名曲をぶっこんできますね。

1970年1月3日 ビートルズとして最後のレコーディング(ジョンは不参加)

1970年3月6日 22thシングルLet It Be発売

1970年4月10日 ポールがビートルズ脱退を表明

1970年5月8日 12thアルバム『レットイットビー』発売

お蔵入りになったアルバム『ゲットバック』をフィルスペクターの手で再編集。『レットイットビー』という名でリリースしました。解散、ラストアルバムという話題性から爆発的な予約数370万枚を記録。音楽史上最高の予約枚数を樹立しています。

1970年12月31日 ポールがビートルズの正式解散を求める訴訟を起こす

The dream is over

ビートルズの概要を知るならベスト盤がおすすめ!

全英/全米で1位を記録した27曲が最高の音と映像で登場! 2000年にリリースされ全世界で3200万枚のセールスを記録。2000年代に最も売れたアルバムです。これ1枚でだいたいビートルズがわかる!でも、わかってからがビートルズ道のスタートです。ビートルズ研究のスタート地点に立たせてくれるアルバムです。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。3分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【3分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました