【1963年のビートルズ】英国制覇までをランキング形式で紹介

ビートルズについて

とにかく忙しかったのが初期のビートルズ(The Beatles)です。短期間にいろいろな出来事があって、ビートルズの歴史を追いかけている我々のようなファンであっても、

  • あれ?これ1963年の4月だっけ?
  • え、5月じゃない?
  • うそ、1964年のことでしょ?

みたいなことがあります。整理できているようで意外と時系列がゴチャゴチャ。なのでいちど整理を試みたいとおもいます。

1963年のビートルズに焦点をあてこれは!という出来事を、独断と偏見で3位から1位までのランキング形式でお届けします。最後に付録として1963年の出来事ダイジェストもつけておりますので、最後まで、ぜひ!

\ 怒涛の1963年!この記事の詳細バージョンはnoteで販売中です /
興味のあるかたはこちらからどうぞ  note へ

それでは、まず3位から!!

スポンサーリンク

1963年の第3位 シングル She Loves You リリース

1月にシングル Please Please Me、4月にFrom Me To You をリリースして大ヒットを飛ばしていたビートルズが7月に満を持してリリースしたのがShe Loves Youです。

ビートルズ=She Loves Youと言っても過言ではないこの曲は、1962年10月のデビューから1年もたたないうちにリリースされていました。

今なお、人々を熱狂させるパワーを持つこの曲She Loves Youは予約だけで約50万枚を突破し、年末までの100万枚以上を売り上げたそうです(最終的にはイギリス国内だけで166万枚!!)

前の2作で既にイギリスでの人気は不動のものとなっていましたが、この曲で完全に制覇したといっても過言ではないでしょう。作品のインパクトもさることながら、数字面でのインパクトも十分です!

ということで、1963年の第3位は She Loves You のリリースです!

ちなみに、"She Loves You ~ Yeah Yeah Yeah"の"Yeah Yeah Yeah"部分。当時、あまり上品ではない若者的な言い方だったようで、ポールマッカートニー(Paul McCartney)の父親ジムマッカートニーは"Yes Yes Yes"にしたほうが良いとアドバイスをしたそうです。

当時のビートルズの親世代には下品に聞こえたのでしょう。今でいうなら、"She Loves You ~ マジ、マンジ" みたいな感じに聞こえたのかな。

1963年の第2位 ロイヤル・バラエティ・ショウに出演

開催されたのは1963年の11月4日。

個人的に「アメリカ後?」と思っていましたが、調べてみると「アメリカ前」でした。デビューから一年ちょっとで、もうビートルズはエリザベス女王の前で演奏しています。

これにて、ビートルズは伝統と格式のある英国皇室のお墨付きを得たわけです

と言っても、ビートルズは体制側に媚びたわけではありません。ジョンレノン(John Lennon)によるロイヤルジョークがさく裂します。

「安い席の皆さんは拍手をお願いします」と言い終わると、女王が座る席に一礼して「そのほかの席の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」

女王であろうがなんであろうが、皮肉の対象にしてしまうジョンレノン。さすが永遠の反逆児です。日本でこんなことができる人いるかな…と安易に日本のミュージシャンと比較したくなりますが、それはいけませんね。

こんなのできるの世界中探してもジョンしかいない!

1963年の第1位 アルバム『プリーズプリーズミー』のリリース

アルバム『プリーズプリーズミー』がリリースされたのは1963年3月です。

何が衝撃だったかというと、30週連続1位を記録していること。1年間は52週なので、1年のうち57.6%をこのアルバムが1位だったことになります。日数に直すと210日!

1963年の最大級のインパクトをもたらした出来事です。

しかもこの『プリーズプリーズミー』から1位を奪ったのが2ndアルバム『ウィズザビートルズ』なのですから、もうイギリスは完全にビートルズの手の中に落ちていますね。

ちなみに当時のイギリスのアルバム売上記録はエルヴィス・プレスリーの『ジェイルハウス・ロック』でしたが、『プリーズプリーズミー』がこの記録を更新。

デビューから1年ちょっとでキング・エルヴィスを成敗です(イギリス国内の話)。なのでもう、誰が何を言おうと、1963年の時点でビートルズはイギリスを完全制覇していたのです。

1963年のビートルズ 出来事ダイジェスト

独断と偏見をまじえて1963年のビートルズの出来事ランキングベスト3を発表しました。いかがでしたでしょうか?順位はどうあれ出来事に関しては一致する部分が多かったのではないでしょうか?

中には、「2月のヘレン・シャピロとの国内ツアーはどう考える?」という方もいるかもしれませんが、うーん、なんとも思いません。まあ、ひとまずベスト3の発表が終わりました。

\ 怒涛の1963年!この記事の詳細バージョンはnoteで販売中です /
興味のあるかたはこちらからどうぞ  note へ

付録的に、1963年の出来事のダイジェストを記載しておきます。

1月 シングル Please Please Me リリース
2月 ヘレン・シャピロとの国内ツアー(ヘレンはビートルズ嫌い?詳しくはこちら
3月 アルバム『プリーズプリーズミー』リリース(30週連続1位!)
4月 シングル From Me to You リリース
         ジョン・チャールズ・ジュリアン・レノン誕生(ジョンの長男)
         ポール、ジェーンアッシャーと出会う(のちに婚約、のちに破談)
5月-6月 国内公演 ビートルズメインの初公演
8月 シングル She Loves You リリース(予約だけで50万枚突破)
10月 初の海外コンサート スウェーデン・ツアー
   人気番組『Sunday night at the London Palladium』に出演(視聴率50%)
11月 ロイヤル・バラエティ・ショウ出演
   アルバム『ウィズザビートルズ』リリース
   シングル『抱きしめたい』リリース(アメリカ制覇へ)
レコーディングに要した時間は約10時間。ほぼ一発録音のライブ感満載のアルバムです。イギリスでリリースされ30週連続1位という驚異的な記録を残しています。世界に刻印したビートルズの初期サウンドがたっぷりと聞ける名作。ちなみにこのアルバムから1位を奪ったのがビートルズの2ndアルバムです。

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。ちょっとしたアルバムガイドになっていると思います。参考にしてみてください。 詳しくはこちらから

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました