【3分で読む】ビートルズの歴史を超ダイジェストで読む!

ビートルズの歴史

無形世界遺産と言っても過言ではないビートルズ(The Beatles)。

ビートルズの歴史を3分でまとめます。サクッと読めます。メシ食べながらにでもぜひ!

 読むのが面倒な方はYou Tubeでどうぞ

スポンサーリンク

ビートルズの歴史を3分で読む!

まずは、ビートルズの説明。何者なのか?

英国のロックバンドです。活動期間は1962年から1970年までの約8年。その間に22枚のシングルと12枚のアルバムをリリースしています。

レコードの総売り上げは…、不明!

一説によると1980年代のあたりで10億枚を超え、それ以降は数えられていないらしいです。とにもかくにも人類史上最も音楽ソフトを売り上げたミュージシャンです。

メンバーは4人。

ジョンレノン(John Lennon)、ポールマッカートニー(Paul McCartney)、ジョージハリスン(George Harrison)、リンゴスター(Ringo Starr)です。全員イギリスのリバプール出身です。

世界中を席巻した初期(1962年から1965年)

シングルLove Me DoでデビューしたビートルズはShe Loves YouやI Want to Hold Your Handなどのヒットシングルを連発して、瞬く間に世界中で人気を得るようになります。

疾走感があり、陽気でポップ、そしてユーモアもたっぷり。

そんなビートルズの人気は際限なく拡大していきます。その一方でビートルズ自身はその状態に疲弊していきます。やがて観客の前で演奏することに魅力を感じなくなり、レコーディングスタジオにこもりはじめます。

 初期のアルバム解説はこちら

レコーディング技術を駆使した中期(1965年から1967年)

自身の人気に疲弊していくビートルズ。音楽を聞かずただ叫ぶだけのファン、揚げ足取り報道をするマスコミの存在…。

うるさい!もうやめた!

ビートルズは本当にコンサート活動を止めてしまいます( 詳しくはこちら)。

そして彼らはスタジオにこもり始めます。そこで生み出されたのが『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』というアルバムです。

ロックの金字塔と呼ばれ、ポピュラー音楽をアートに昇華させた歴史的なアルバム。まさにビートルズは黄金期を迎えます。

 『サージェント~』について詳しくはこちら 

 中期のアルバム解説はこちら

解散へと向かう後期(1968年から1970年)

中期の黄金期のさなかに、ビートルズは悲劇にみまわれます。デビュー当時から支えてくれていたマネージャーのブライアンエプスタインの死です。

マネージャーを失ったビートルズはバンドとしてバラバラの状態に。そうした状況下で制作されたのが2枚組のアルバム『ザビートルズ』(通称:ホワイトアルバム)です。

アルバム自体は高い評価を得ていますが、制作の過程は楽しめるものではなかったようで、メンバー間の軋轢が生じています。そしてその後もその軋轢は修復されることなく、ビートルズの4人は横断歩道を渡り、なすがままに解散してしまいます。

 後期のアルバム解説はこちら

まとめ 初期、中期、後期のどの時期もおもしろい!

なりゆきで中期を黄金期と表現したものの、実際のところビートルズの黄金期(=最盛期)はいつなのかわかりません。

初期も良い!中期も好き!後期も最高!ビートルズはどの時代もおもしろい!これがビートルズファンの本音です。以上、どこから聞いても、どのアルバムを聞いてもおもしろいビートルズでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。ちょっとでもおもしろそうだなと思ったら、下のアルバムの解説も参考にしてみてください。

 ビートルズのアルバム一覧【解説付き】 

 

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました