【Hey Judeの歌詞が1億円!】ビートルズのお宝のお値段は?

ビートルズについて

2020年の4月。豪気なニュースが飛び込んできました。オークションに出品されたポールマッカートニー(Paul McCartney)の直筆 Hey Judeの歌詞がとんでもない価格で落札されたとか。

お値段なんと・・・、91万ドル(約9800万円)!!

ほとんど1億円じゃないですか!

写真を見てみると、そこらへんにあるメモへの走り書きです。それが時を経て1億に。でも歴史的価値を考えると、まあ、妥当な値段?いや、ちょっと安すぎるか、という感じですね。

落札した人がうらやましい。

今回のHey Judeの直筆の歌詞のように、破格の値が付いたビートルズ(The Beatles)のお宝って他にもあるんじゃないかと気になりましたので、調べてみました。

知っても買えるような値段じゃないですが、ビートルズのスケールのデカさを楽しんでいただければと思います。

まずは同じく直筆の歌詞のお値段から。

スポンサーリンク

ポールの直筆歌詞が1億ならジョンレノンは1億1000万円

120万2500ドル(2010年6月当時の相場で1億1000万円)!!この値段が付いたのは、ジョンレノン(John Lennon)による直筆 A Day in the Lifeの歌詞。

ビートルズの最高傑作と名高いアルバム『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』のハイライト作品なので、落札金額も恐ろしい感じになっています。

落札された品物を写真でみると、歌詞はしっかりとジョンの部分だけでした。

この A Day in the Life はポールとの共作なので、もしかするとポールの歌詞も…と思いましたが、そうじゃありませんでした。

もし、ジョンの直筆に加えてポールの直筆が付いていたなら、お値段どうなっていたでしょうね。想像するだけで興奮してきました。きっと、今回の価格の倍以上はついていたでしょう。

お次は、プレミアムレコードの価格です。

リンゴスターが長年所有していた『ホワイトアルバム』 約1億円

2018年に50周年を記念してリリースされたアルバム『The Beatles(通称:ホワイトアルバム)』のスーパーデラックスエディションが2万円くらいでした。

ちょっと高いなー、と思っていた私のスケールはなんて小さいのでしょう。

2015年に落札された『The Beatles(通称:ホワイトアルバム)』は、なんと79万ドル(当時の価格で約1億円)です。

史上もっとも高価なレコードとしてギネスブックに記録されているそうです。

なぜ、こんなに値段が跳ね上がったのか?

『ホワイトアルバム』には通し番号が刻印されており、0000001から0000004はビートルズのメンバーが所有していると言われていました。

この時、出品されたのが0000001のレコードです。しかも出品者はリンゴスター!そりゃ高くならないわけがないですね。史上最も売れたと言われる二枚組アルバムは、史上最も高値が付いたアルバムになったのです。

それにしても、0000001はジョンレノンが持っているものだとばかり思っていました。

さて、次は楽器です。

ジョンレノンが初期に奏でたギター 約3億円

もう何が何だか分からなくなってきました。ギターが3億円です。

この値が付いたのは、ジョンが初期のころ愛用していたギブソン社製のアコースティックギター「J-160E」。このギターでShe Loves You は作られたのだとか。

もともとジョンはこのギターをリバプールにて161ポンド(日本円で約21,570円)で購入、それが時を経て、2015年11月にアメリカで開催されたオークションで、どどーんと241万ドル(約2億9700万円)の値が付きました。

なんという投資効果でしょう。

楽器についてはもう1品。

同じオークションに出品されたドラムヘッドが212万5000ドル(約2億6000万円)で落札されています。ドロップTと呼ばれるロゴのもの(Beatlesのtの縦棒が長いロゴ)で、アメリカを征するきっかけとなったエドサリバンショウで使用されたものです。

この希少性を聞くとなっとくの価格ですね。私には買えませんが。

ちなみに同じオークションに、エルヴィスプレスリー先輩が所有していた品も出品されたようです。"黄金のピアノ"がそれです。弾いてるの見たことない。

だいたいのオークションで予想価格をこえてくるビートルズ

ここでは、特に高値のビートルズのお宝を紹介してきました。いったい誰が落札しているのだろうという疑問がずーっとありますが、それはさて置いて、そのスケールのデカさにただ驚くばかりです。

このスケールのデカさに、全人類がまだ気づいていないふしがあります。

今回、ビートルズのオークションに関する記事を読んだのですが、予想落札価格と実際の落札価格に乖離があるんです。

今回のHey Judeもそうです。今回落札されたのは、予想落札価格の約9倍の値だそうです。A Day in the Lifeも50万~70万ドル予想に対して120万2500ドルです。

79万ドルで落札された0000001の『ホワイトアルバム』に至っては予想落札価格が4~6万ドルでした。なんか頑張れば買えそうな予想価格です。

うーん、まだまだビートルズは過小評価されてるような気がしますね。

最後に、今回調べた限りのビートルズのお宝を一覧で掲載します。いろんなものがオークションにかけられていて実に面白いです。

  • ブライアンエプスタインと初めて交わした契約書 27万5千ポンド(約3700万円)
  • ラジオ初OAアナログ盤シングル‟Love Me Do” 1万7000ポンド(約240万円)
  • 直筆サイン入り『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 29万500ドル(約2,730万円)
  • ジョンレノン愛用のサングラス 13万7500ポンド(約2010万円)
  • ポールマッカートニーの学生時代のノート 4万6800ポンド(約680万円)
  • ジョンレノンの髪束 3万5000ドル(約390万円)
  • ジョージハリスンのクオリーメン時代のギター 43万ドル(約4800万円)
  • ※()内落札当時の日本価格

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。3分で分かるバージョンと10分バージョンを用意しております。

 さくっと【3分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 読み応え十分な【10分で分かる歴史】を詳しく読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました