【ビートルズの名曲】Hey Judeは「Na」を何回叫んでる?

ビートルズの曲

いやー、ビートルズっていいですよね。今回は、そんなビートルズの大名曲ヘイジュード(Hey Jude)についてちょっと調べてみようと思います。ビートルズ史、いや音楽史の中で燦然と輝くこの名曲は1968年にリリースされてました。作者のクレジットはレノンマッカートニーとなっていますが、実質的にはポールマッカートニー様の作品です。

このHey Jude、何がすごいって、ビートルズのシングル作品の中で最も売れた曲ってことです。それから自主レーベル「アップルレコード」からの最初の作品である点でも重要。そして何より、長い!!ってことでも有名です。

この曲、7分以上もあるんですよ。

1960年代当時、3分を超えると「おぉ…、長いね」となっていた時代に、倍以上の7分です。しかも普通に長いんじゃなくて、エンディングがものすごく長い。ずっとNa Na Na Na Na…と、歌ってるんです。曲の半分以上エンディングという、なんともビートルズっぽいぶっ飛んだ曲です。

そうなると気になってくるのが、ポールはいったい"Na"を何回言ってるんだろうってことです。みんな気になっていて、誰もが知りたいんだけど調べてこなかった、この究極の「問い」に、いまここで決着を付けようと思います。

長期戦は覚悟のうえ。さて耳を傾けてみましょう。

スポンサーリンク

美しいメロディと熱い歌詞 Hey Jude

0:01 はじまり

再生ボタンを押すと聞こえてくるのが、あの有名なフレーズHey Jude。イントロがなくいきなりボーカルで始まるスタイルの楽曲です。さすがにビートルズの代表曲だけあて、メロディが美しい…、そして歌詞も素晴らしい。

聞き進めると聞こえてくるのがジョンレノンのコーラスです。ポールのボーカルと合わさり、聞く者の心を揺さぶってきます。この聞き触りの良さに、しばしうっとりです。

1:23経過

油断は禁物。最初の"Na Na Na"スポットがやってきました。サビの部分です。数えてみましょう。…。9回です。約1分30秒を経過した時点で、Naの実績は9回。続けましょう。

1:43 経過 謎の歌詞

2番に突入。やがて聞こえてくるのがlet it out, and let it inの歌詞です。ボソボソっと歌っているこの歌詞は、後のサビの部分でも登場します。"Na"は関係ないのですが、気になったので言ってみました。

2:00 経過 人生の応援歌

2度目のサビがきました。let it out, and let it inの再登場です。どうにも私には訳せません。いったい、どういう意味なんでしょうか。そしてこの部分の歌詞のちょっとあとに出てくるのがこの歌詞です。

You're waiting for someone to perform with
And don't you know that it's just you

私の大好きな歌詞です。がんばれ!君ならできる!とポールに言われているようで、熱いものがこみ上げてきませんか?この部分、"Na"は関係ないです。

2:30経過

違うことを考えていたら聞き逃しそうになりました。2度目の"Na Na Na"スポットです。さて丁寧に数えましょう。…。8回…、いや9回です。1度目と同じく9回でした。それでは続きを聞きましょう。

歌の三番に突入です。この部分、壮大なエンディングに移行していく重要なところなので、しっかりと聞いていきます。それにしても、ジョンの声いいですねー。ポールの声との相性抜群!

2:58 経過 放送禁止用語

この時間帯、耳をすませて、よーく聞くと、ぼそりとポールが放送禁止用語を言ってます。"Na"には関係ないので、このまま進みます。

Hey Judeの壮大なエンディングは4分を超えている!!

ここまでの経過時間は約3分です。この時点でエンディングに到達です。と、いうことはエンディングは4分くらいある計算になります。この4分でいったい何回"Na"と言っているのか。秘密にしたって無駄です。いまここで白日の下に晒します。どうやって?数えるのです。

3:10 経過 法則の発見

ついにエンディングです。Better、Better、Betterのシャウトからの"Na"ゾーンへの突入。いやがおうでも気合いが入りますね。数えましょう。Na Na Na…。うーん、これが4分続くのか…。ひとつひとつ"Na"を数えるのは修羅の道。

ここで私は法則を発見しました。エンディングでは「Na Na NaからのHey Jude」が繰り返されています。この繰り返し部分の1回につき何回"Na"を言っているのかを数えれば、掛算ができます。要は、繰り返し部分が何回あるのかを数えればいいのです。"Na"をひとつずつ数えるよりもずいぶんと楽になるはずです。

3:58 経過 ジュッジューダ、ジュダジュダジュダ、ワー

「Na Na NaからのHey Jude」の繰り返し部分、何個"Na"が含有しているのか?数えました。11個です。「Na Na NaからのHey Jude」の1フレーズで11もの"Na"が含まれているようです。

ここで、3分58秒が経過。あの有名なシャウトの部分が訪れます。ここまでで繰り返しの部分は4回。44"Na"を獲得しています。続けます。

4:08 経過 油断

数式「繰り返しのフレーズの回数×11」が成立することが明らかになった今、「繰り返しのフレーズの回数」を数えればおのずと答えは導かれます。よーし、あとは数えるだけ…。

4分8秒経過…。油断。ふいに聞こえてきた"Na"、いや"Ma"?どっちだろう?"Ma"っぽい気がするけど、"Na"と言っている可能性も。間違えられない。とりあえず、"Ma"であったとしても数えておこう。3回。その間も「繰り返しのフレーズ」は続いています。

5:16 経過 "Na" or "Ma"

"Na" or "Ma"問題を残しつつも聞き続けます。5分16秒あたり。ポールが"Ma"を連呼し始めます。しかも速い!mamamamamamamamamama…、"Na"でないことを祈りつつ、一応数えます。23回です。やばい追いつかない。5分30秒付近。数えきれないほどの"Ma"!いや、なんか"Na"に聞こえるような…。

5:37 経過 ジョンが何か言ってる

ジョンに気を取られ、先ほどの"Ma"が数えきれませんでした。まあ、"Ma"だからいいか、と強引に逃避をします。あれは、"Ma"だった。"Na"じゃない。そう自分に言い聞かせます。

6:22 経過 再びの"Ma"

6分を過ぎたあたりになるとボリュームが徐々にさがってきます。ゆっくりとフェードアウトしていきます。そうなると、心配なのは「聞こえるのか?」です。続きを聞きましょう。6分22秒、再び"Ma"が登場します。今回の"Ma"は聞き取りやすく、完全に"Ma"です。なので、あの5分の半ばに登場して数えきれなかったのもたぶん"Ma"です。そう自分に言い聞かせます。

Hey Judeは何回"Na"を言っているのか!?

いよいよHey Judeの長いエンディングも終わりに差し掛かってきました。ここまでの"Na"の数は、エンディングまでの部分で18回とエンディング部分で176回、合わせて194回となりました。残り時間はまだあります。あとどれだけ伸ばせるか…。

おっと!最後にイレギュラーな"Na"の登場です。Whenever Na~と聞こえます。"Na"+1です。そして、繰り返しの部分の積み上げが2回ありました。ようやく数え終わりました。それでは、結果を発表します。

Hey Judeでポールは何回"Na"を言っているのか!?
217回でした!

これを知って誰が得をするのでしょうか?まあ、いいじゃないですか。以上、Hey Judeは「Na」を何回叫んでる?でした。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました