【最初に聞きたい】ビートルズのおすすめ作品!アルバム3枚を厳選。

1962年-1965年(初期)

ビートルズ(The Beatles)のアルバムって、どれがおすすめなの?

ビートルズは12枚のオリジナルアルバム(EP盤をいれると13枚)を生み出しています。ベスト盤や企画盤もいれると、まあまあたくさんあります。

どれ買って聞こう?

やっぱり迷っちゃいますよね。今回は、ニーズ別に厳選した3枚のアルバムを紹介します。ビートルズを聞く理由ってたくさんあると思いますが、

大事にしたいのは、今ビートルズに何を求めるのか?です。

ニーズに合ったビートルズの名作を3枚、さくっと3分くらいで紹介します。

スポンサーリンク

ビートルズの音楽を聞きたいと思った理由は何ですか?

面倒なことを聞いて、申し訳ないです。気楽に考えてみてください。

  • 暗い気持ちを吹き飛ばすような元気がほしいなー
  • 音楽をじっくりと楽しみたいんだよねー

他にも、ビートルズって有名だからとりあえず聞いときたい、という方もいると思います。理由はなんでもありです。その時の気持ちに正直になってアルバムを選びましょう。

おすすめするビートルズのオリジナルアルバム3枚

  • 『A Hard Day's Night』・・・暗い気持ちを吹き飛ばしたい方
  • 『Revolver』・・・音楽をじっくりと楽しみたい方
  • 『The Beatles 1』・・・有名曲をとりあえず聞いときたい方

上記の3枚です。

他にも、どっさりと名作はあるのですが、ニーズに直結する3枚はこれらのアルバムだと思います。最高傑作と評価されている『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』はここでは選んでいません。この作品は難易度が高めですので。

それでは、各アルバムのおすすめポイントを見ていきましょう。

『A Hard Day's Night』 疾走感がたまらない珠玉の13曲

暗い気持ちを吹き飛ばすなら・・・の観点から選ぶとすると『A Hard Day's Night』か『Please Please Me』のどちらかです。迷いましたが『A Hard Day's Night』です。

やっぱりA Hard Day's Night や Can't Buy Me Love といった超有名曲も入っていますし、他にも隠れた名曲が盛りだくさん収録されていますので。それに全曲を通して感じられるポップな感じと疾走感は、確実に気持ちを明るくしてくれます。

『Please Please Me』収録のI Saw Her Standing There に代表される、若く荒々しい感じも捨てがたいんですけどねー。

全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム。初期ビートルズらしい疾走感を感じられるご機嫌な名作です。ビートルズは映画の分野でも革命的な存在。これまでの音楽映画の胡散臭さを一新。今のロック映画の礎を気づいた作品と言っても過言ではありません。この作品がなかったら映画『ボヘミアンラプソディ―』もなかったかも…。
『Revolver』 サイケデリック、バラード、for Kids…幅広い音楽が楽しめる

音楽をじっくりと楽しみたいんだよねー・・・という観点からだと、『Revolver』と『Rubber Soul』、それから『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』が候補にあがりました。

難しい3択問題でしたが、『Revolver』を選びました。

このアルバムには実験的という表現がピッタリ。音楽的に革新的で挑戦的な作品なんです。アルバムのラストを飾るTomorrow Never Knows なんて、ちょっと他のミュージシャンには真似できないと思います。

革新的でありながらも、Here, There and Everywhere や For No One といった名作バラードも収録されていて、さらに子供向けのYellow Submarineも収録されています。

音楽を楽しむという点では、十分すぎる14曲が収録されています。

候補にあげた『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』の A Day in the Life はビートルズの最高傑作だと思ってるんですけど、アルバム単位だとバラエティに富む『Revolver』をおすすめします。

『リボルバー』ほど幅広いファンに届くアルバムはちょっと見当たりません。初期サウンドの香りを残しつつサイケデリック方面に向かっていく前衛集団としてのビートルズが聞けます!各所に実験的要素がちりばめられた前衛的な作品。それでいてキャッチーです。相反するであろうこの二つの要素を何の苦も無く合体させているのがビートルズの凄いところ。
『The Beatles 1』 英米でNo.1になったシングルを集めたベスト盤

ざっくりとビートルズを知りたい方は『Beatles 1』をおすすめします。なんと、2000年代に世界で最も売れたアルバムだそうです。もう、間違いないですね。

収録されているのは英米いずれか国でNo.1になったシングル曲です。当たり前ですが She Loves You も I Want to Hold Your Handも入っています。Hey JudeもLet It Beもです。Yesterday、Help!も・・・、書ききれないほどの有名曲のオンパレード。

とりあえずビートルズを聞いてみたい!というニーズを確実に満たしてくれます。

他にもベスト盤なら赤盤や青盤もありますが、シンプルにまとまっているのは『Beatles 1』です(赤盤、青盤はどちらも二枚組の超大作)。

パキッとスマートにビートルズを知るなら『The Beatles 1』です。

全英/全米で1位を記録した27曲が最高の音と映像で登場! 2000年にリリースされ全世界で3200万枚のセールスを記録。2000年代に最も売れたアルバムです。これ1枚でだいたいビートルズがわかる!でも、わかってからがビートルズ道のスタートです。ビートルズ研究のスタート地点に立たせてくれるアルバムです。

ビートルズのアルバムはコストパフォーマンスが良すぎる

以上、ニーズ別のおすすめアルバムでした。アルバム1枚あたり2000円から2500円くらいなので、ランチを3日くらいのお金で、すぐに手にはいります。

手に入れたその日から、ずーっとビートルズの音楽を楽しめるわけです。それこそ一生かけて楽しめます。

  • そんなに楽しめるわけがないよ
  • すぐに飽きちゃいそう

大丈夫です。1962年のデビューから約60年、解散から約50年を経った今でも、ビートルズは飽きられずに聞きこまれています。

この道うん十年というファンもいたり、ビートルズ評論家という職業も生み出しています。ビートルズを学問として専門に扱う大学だってあるんですよ。

人類はビートルズにまだ夢中なんです。

そう考えると、アルバム1枚のお値段2500円は安いと思いませんか?人生100年時代のお供にビートルズは最適ただと思うのですが、いかがでしょうか?

今回、厳選しておすすめするアルバム3枚です。
 暗い気持ちを吹き飛ばしたいなら『A Hard Day's Night』
全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム。初期ビートルズらしい疾走感を感じられるご機嫌な名作です。ビートルズは映画の分野でも革命的な存在。これまでの音楽映画の胡散臭さを一新。今のロック映画の礎を気づいた作品と言っても過言ではありません。この作品がなかったら映画『ボヘミアンラプソディ―』もなかったかも…。
 音楽をじっくりと楽しみたい『Revolver』
『リボルバー』ほど幅広いファンに届くアルバムはちょっと見当たりません。初期サウンドの香りを残しつつサイケデリック方面に向かっていく前衛集団としてのビートルズが聞けます!各所に実験的要素がちりばめられた前衛的な作品。それでいてキャッチーです。相反するであろうこの二つの要素を何の苦も無く合体させているのがビートルズの凄いところ。
 有名曲をとりあえず聞いときたい『The Beatles 1』
全英/全米で1位を記録した27曲が最高の音と映像で登場! 2000年にリリースされ全世界で3200万枚のセールスを記録。2000年代に最も売れたアルバムです。これ1枚でだいたいビートルズがわかる!でも、わかってからがビートルズ道のスタートです。ビートルズ研究のスタート地点に立たせてくれるアルバムです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました