ジョンレノンの魅力と凄さが分かる中期ビートルズの3つの名曲

ジョンレノン

今回はジョンレノンの曲がテーマです。

ビートルズの王道の3曲と言えば、イエスタデイ、ヘイジュード、レットイットビーが思い浮かぶと思います。3曲すべてポールマッカートニーの作品です。ポールがすごすぎるがゆえに…

  • ジョンよりポールのほうがすごいんじゃね?
  • なんとなくイマジンは聞いたことあるけど、他は知らないな
  • ジョンの魅力って何?
  • たぶんすごい人なんだろうけど…

と、ジョンの魅力に疑問符つけてしまっている人もいるのではないでしょうか。

今回は中期の作品で押さえておくべき3曲を紹介します。ビートルズ歴が浅くても大丈夫。意外と聞きやすい曲ですよ。

 読むのが面倒な方はYou Tubeでどうぞ

スポンサーリンク

幼少期を歌った Strawberry Fields Forever

Strawberry Fields Forever ビートルズのサイケデリック期の傑作と言われているジョンの曲。14枚目のシングル曲としてリリースされています。

両A面扱いで、もう一方がPenny Lane(ポール作)という豪華さ。

キーもテンポも異なる2つのテイクをつなぎ合わせてできたとか、いろんな楽器を逆回転させて演奏しているだとか。ややこしいことがたくさん詰まった曲ですが、

この曲のポイントは、歌詞です。

深く難解で哲学的なこの曲の歌詞は、ジョンの人となりをたどる手掛かりとされ、様々な解釈が気難しいジョンレノン像を生み出しているように思えます。

本当はそうじゃないかもしれないのですが…

”I think er No, I mean er Yes…”部分なんて何言っているのか、本当はよくわからないのですが、なんだか深そうな感じがしませんか。

ともあれ、この曲の歌詞には「何かあるんじゃないか」と思わせるものがあります。間違いなく中期の押さえておくべきジョンの名曲のひとつです。

ここまでくるとわけがわからない I am the Walrus

続くアイアムザウォルラスもサイケデリック時代のジョンの曲です。この作品は、アルバム『マジカルミステリーツアー』に収録されています。

ウォルラス(セイウチ)というタイトルに反して、サウンドは一貫して不安をあおってきます。基本カッコいい曲なのですが、途中突然ジョンによるセイウチの鳴き声が入ります。

Goo Goo GJoob

  • Goo Goo GJoob?このセイウチの鳴き声いる?
  • 他に歌詞はなかったのか?
  • ポールは何か言わなかったのか?

そう思っていたのはビートルズ歴が浅かった過去。全編デタラメだけど、これほどサウンドにマッチしている歌詞は他にありません。鳴き声も実は短かったり長かったりと絶妙。

Goo Goo GJoob Goo Goo Goo GJoob !

今ではもうGoo Goo GJoobしか考えられません。ジョン曰く「100年たっても飽きない何かがある曲」です。押さえておかざるを得ません。

 

Strawberry Fields Forever と I am the Walrusは『マジカルミステリーツアー』で聞けます。
アルバムのハイライトは何といってもI Am The Walrusです。ジョンレノンによる作品で「100年たっても飽きない何かがある」楽曲です。前半6曲は同名テレビ映画用に作られたサントラ。後半は珠玉のシングル集。Strawberry Fields ForeverとPenny Laneが収録されていて名作じゃないわけがない!

これはポピュラーミュージック?Tomorrow Never Knows

3曲目はTomorrow Never Knowsを紹介します。アルバム『リボルバー』の最後を飾る名曲です。この曲を初めて聞いたとき、とにかくわけがわかりませんでした。

J-POP含め、こんな曲、聞いたことがない。

ポピュラーミュージックの枠を軽く飛び越えています。ジョン曰く「ダライラマが丘の上で説法している感じ」の曲。まさに、お経のような曲です。お経でいてポップ。摩訶不思議な曲なのです。

この曲が1966年に作られていた!

その先進性に驚きます。同時代のミュージシャンの作品と比べてみてもビートルズがどれだけぶっ飛んでいたのかが分かります。

この曲にあっては、コンサートでの再現するのは不可能です。

1966年当時、人前での演奏に辟易としていたビートルズが、レコードに表現の場を移した象徴的作品とも言えます。この曲も中期のジョンレノンの作品で外すことができない1曲です。

Tomorrow Never Knowsが聞けるのは『リボルバー』
『リボルバー』ほど幅広いファンに届くアルバムはちょっと見当たりません。初期サウンドの香りを残しつつサイケデリック方面に向かっていく前衛集団としてのビートルズが聞けます!各所に実験的要素がちりばめられた前衛的な作品。それでいてキャッチーです。相反するであろうこの二つの要素を何の苦も無く合体させているのがビートルズの凄いところ。

まとめ 不思議な魅力が詰まったジョンレノンの作品たち

ジョンレノンの魅力が詰まった3曲を紹介してきました。異論はあると思いますが、間違いではない選曲です。

  • ストロベリーフォールズフォーエバー
  • アイアムザウォルラス
  • トゥモローネバーノウズ

ここであげた3曲をはじめ、ジョンの作品には不思議な魅力があります。

「最初苦手であっても何度か聞いているうちにどっぷりハマっている」

ジョンレノンの曲ではよくあることです。まずはこの3曲を聞いてみてください。ポールの曲とは違った魅力がたっぷりと詰まっておりますよ。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。3分で分かるバージョンと10分バージョンを用意しております。

 さくっと【3分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 読み応え十分な【10分で分かる歴史】を詳しく読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました