【ビートルズの名曲】ノルウェイの森の知られざる歌詞

ジョンレノン
スポンサーリンク

ポピュラーミュージックで初めてシタールが演奏された曲です。

幻想的な雰囲気がでいて、心地よいです。メロディもいいのですが、歌詞がとてもいいのです。いろんな解釈ができる。そもそもNorwegian Woodって何なんだ?

  • ノルウェー製の家具説
  • knowing she wouldの語呂合わせ説

など、他にも諸説あるようですが、作者のジョンレノン曰く、「浮気」の歌らしいので、私はknowing she would説を支持してます。訳すと「彼女にそのつもりがあるのを知っている」かな。そこから言葉遊び的に、Norwegian Woodが出てきて、歌詞の全体の雰囲気ができあがったのではないかと想像してます。

もうひとつ歌詞の解釈で別れるのが最後の部分。

So I lit a fire 何に火をつけたんだ?

  • 暖炉説
  • 灯説
  • タバコ説

こちらも諸説ありますが、ポールマッカートニーの説が一番刺激的で詩的です

家に火をつけた説

この説を採用すると、最後のIsn’t it good Norwegian wood?歌詞に不気味さがまします。このようにこの曲の歌詞はいろいろと語られています。

私も新解釈ができないかと思い、改めて、近くにあった『アンソロジー2』の歌詞カード広げます。そこにはすでに新解釈がありました。

She asked me to stay

And she told me to sit anywhere

このsitの部分が歌詞カードではshitになっていました。

大便!!

私はknowing she would説を支持します。

アルバム『ラバーソウル(Rubber Soul)に収録されています
アップテンポで疾走感ある曲というよりも、Norwegian Wood (This Bird Has Flown)、Michelle、Girl、In My Lifeといったミドルテンポの名作がたくさん収録されているアルバム。初期のものとは違う、ちょっと落ち着いたサウンドがここにはあります。このサウンドもまたビートルズの一部であることを『ラバーソウル』を聴くことで体感することができます。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。3分で分かるバージョンと10分バージョンを用意しております。

 さくっと【3分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 読み応え十分な【10分で分かる歴史】を詳しく読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました