アルバム『Beatles for Sale』にしかないビートルズの名曲3選!!

1962年-1965年(初期)

ビートルズ(The Beatles)の4枚目のアルバム『Beatles for Sale(ビートルズフォーセール)』は買うべきか?

誰もがぶち当たるこの難問にお答えします。

  • 『Beatles for Sale』?聞いたことないね…
  • 知ってる曲、入ってんの?
  • Eight Days a Week が入ってるのか…
  • それはベスト盤にも入ってね?
  • ベストでいいんじゃね?

いろいろと錯綜する気持ちはわかります。結論を先に言います。

間違いなく買って聞くべきです。

理由はシンプルです。ベスト盤じゃ聞けない名曲がゴロゴロ入っているからです。聞きどころは、ビートルズのオリジナル曲だけではありません。このアルバムはカバー曲も So Good なのです。

カバー曲はベスト盤じゃ聞けませんからね。

そこで今回は『Beatles for Sale(ビートルズフォーセール)』じゃないと聞けないビートルズの名曲を選びに選んで3曲だけ紹介いたします。もちろんカバー曲も含めて。

【プチ解説】『Beatles for Sale』とは…?
  • 1964年にリリースされたビートルズの4thアルバム
  • ビートルズブーム最盛期にリリース
  • 忙しすぎたのでしょうか、カバー曲が復活収録されています
  • ボブディランの影響が見え隠れ…
ビートルズの人気が膨れ上がり、最も多忙な時期にリリースされた作品。個人的にはターニングポイントとなった作品だと思っています。歌詞に注目です。このアルバムを制作していたころのビートルズが何を考え、どう思っていたのか。ビートルズの主張が見え隠れしています。ビートルズ史においてこのアルバムもまた過渡期の重要作品のひとつです。

まずは、ジョンレノンによるこの大名曲から…

スポンサーリンク

シングルリリースされなかったのはなぜ? No Reply

まずは、アルバムの冒頭を飾るこの曲です。作者はジョンレノン(John Lennon)。シングルリリースされていない理由が分からないほどの名曲です。

劇的に展開するメロディもいいのですが、注目は歌詞です。ちょっと切ない物語になっています。

このアルバムあたりから、歌詞に変化がでてきているのですが、やっぱりボブディランの影響でしょうかね?

この曲の歌詞について、ディックジェイムス(ジョンとポールの曲を出版するノーザンソングスを設立した人物)は、ジョンに言ったそうです。

「君もずいぶんと大人になったね…」

なまいきな。

ジョンレノンの苦悩が歌われているI Don't Want to Spoil the Party

2曲目もジョンレノンによる作品です。『Beatles for Sale(ビートルズフォーセール)』に収録されている曲の中ではNo Reply と同じくらい名曲だと思っています。

普通に良い曲です。

メロディが親しみやすい曲だからでしょうか。あまり歌詞には注目されません。でも、1964年以降のビートルズ史を解釈していくうえで非常に示唆に富む内容なのです。

このころのジョンは加熱する人気とは裏腹にビートルズを演じることに疲れていました。このアルバム収録されている I'm a Loserでは、「ビートルズを演じている自分は本当の自分ではない」と歌っています。

一方で、この曲では「パーティを台無しにしたくない」「落ち込んでるなんて思われたくない」と歌います。ジョンの中でビートルズとして期待に応えたいという気持ちもあったのでしょう。

ビートルズを演じることへの違和感と期待に応えたい気持ちが、ジョンの中に同居しているのです。そう解釈すると、『Beatles for Sale』はまさに過渡期のアルバムなのです。

これはもう聞かざるを得ませんね。

3曲目はカバー曲から。

ジョンのボーカルにしびれる Mr. Moonlight

出ました!

ビートルズのカバーの名作です。歌うはジョンレノン。

声にしびれます。ご一聴ください。

いかがでしたでしょうか。

ジョンのボーカルもさることながらコーラスワークも素晴らしい。

ポールマッカートニー(Paul McCartney)がコーラスを付けているのだと思うのですが、ジョンの声とドンピシャですね。どうしてこの二人の声はこんなにも合うのでしょうか。

Mr. Moonlightの他にもこのアルバムには、Rock and Roll Music や Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey といったカバーによる名作があります。

聞きどころ満載なアルバムなのです。

14曲中13曲がベスト盤未収録のお得なオリジナルアルバム

ここで『Beatles for Sale』でしか聞けない名曲3選をまとめました。

  • No Reply
  • I Don't Want to Spoil the Party
  • Mr. Moonlight

以上の3曲でした。

逆にベスト盤に収録されている曲はどの曲かというと…

  • Eight Days a Week

この1曲だけです。収録されているのは赤盤です。

というわけで14曲中13曲がベスト盤未収録の曲でした。だから購入しても十分に楽しめる、なんとも財布に優しいアルバムです。

ビートルズの人気が膨れ上がり、最も多忙な時期にリリースされた作品。個人的にはターニングポイントとなった作品だと思っています。歌詞に注目です。このアルバムを制作していたころのビートルズが何を考え、どう思っていたのか。ビートルズの主張が見え隠れしています。ビートルズ史においてこのアルバムもまた過渡期の重要作品のひとつです。

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。ちょっとしたアルバムガイドになっていると思います。参考にしてみてください。 詳しくはこちらから

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました