アルバム『A Hard Day’s Night』じゃなきゃ聞けないビートルズの名曲3選!!

1962年-1965年(初期)

ビートルズ(The Beatles)のオリジナルアルバムは聞くべきなのか?

こんな疑問にお答えします。

令和の今、ビートルズには強力なベストアルバムがあります。『ビートルズ1』といわゆる赤盤と青盤です。ベスト盤になかなかの数の曲が収録されていますので、

正直、ベストでいいんじゃね?

という気持ちになるのは仕方ないと思います。特に後ろめたさを感じることもないですし、そんな自分を嫌いになる必要もありません。迷うのは当然だと思います。

先に結論を言います。

聞くべきです。

理由は、シンプルです。ベスト盤に収録されていない曲も良いからです。

今回は、3rdアルバム『A Hard Day's Night(ア ハード デイズ ナイト)』に収録されているベスト盤未収録曲のおすすめ3選をお届けします。

ポチっと購入ボタン押す際の決断材料にしていただければ幸いです。

【プチ解説】『A Hard Day's Night』とは…?
  • 1964年にリリースされたビートルズの3rdアルバム
  • 主演映画のサウンドトラックでもある
  • 全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム
全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム。初期ビートルズらしい疾走感を感じられるご機嫌な名作です。ビートルズは映画の分野でも革命的な存在。これまでの音楽映画の胡散臭さを一新。今のロック映画の礎を気づいた作品と言っても過言ではありません。この作品がなかったら映画『ボヘミアンラプソディ―』もなかったかも…。

まずはジョンレノン(John Lennon)のこの作品から。

スポンサーリンク

根強い人気を誇る I Should Have Known Better

まずご紹介するのは、アルバムの2曲目に収録されているI Should Have Known Better です。ハーモニカが美しいこの曲はジョンレノンの作品。

根強い人気があり、いろんなミュージシャンがカバーしています。目を引くところでは、当時、ライバルと言われていたビーチボーイズもカバーしています(両者のライバル関係についてはこちらからどうぞ)。

疾走感もあり、それでいてなんか切ないこの曲は、アルバム『A Hard Day's Night』でしか聞くことができません。この曲が収録されているだけでも買う理由は大いにありです。

続く2曲目は…

ジョンとポールのハーモニーが美しすぎる IF I Fell

この曲もジョンレノンによる作品です。本作の3曲目に収録されている美しいバラードです。ちょっとジョンのイメージに合わない気もしますが、まぎれもなくジョンの作品です。

この曲の何がすごいって、それはもうジョンとポールのボーカルです。絶妙なるハーモニーがほぼ1曲丸ごと展開されます。

古今東西みわたしても、これほどまでに「声が合う」ふたりは珍しいのじゃないでしょうか。日本だと、桑田佳祐&原由子くらいでしょうか。

もちろんベストアルバム未収録です。アルバム『A Hard Day's Night』で聞くしかありません。すでにお気づきかもしれませんが、このアルバムはベスト未収録な名作の宝庫です。

3曲目はアルバムのラストを飾るこの曲…

アルフレッドのことを歌った I'll Be Back

アルフレッドって誰?ジョンの父親アルフレッドレノンです。あくまで説ですが、ジョンが父親のことを歌った曲だとされています。

ジョンと言えば Mother なイメージがありますが、母よりも父のこと数年前に歌ってたんですね。それを踏まえて歌詞を読むと、なんだかソロ作品のMotherのような歌詞にも見えてきます。

父のことを歌った?

真偽のほどはどうあれ、名曲であることには変わりありません。この曲もまたアルバム『A Hard Day's Night』でしか聞けません。

どうでしょう。

もう手に入れるしかありませんね。

ところで、この作品について、ポールは自伝『メニー・イヤーズ・フロム・ナウ』のなかで、自分が作ったと言っています。うーん、でもたぶん作者はジョンだと思います。

こういうややこしい記憶違いがあったりするところもビートルズの面白さですね。本当にポール作だったら、ジョンの父アルフレッド説はいったい何なんだってことになります。


13曲中10曲がベスト盤未収録のお得なオリジナルアルバム

ここで『A Hard Day's Night』でしか聞けない名曲3選をまとめました。

  • I Should Have Known Better
  • If I Fell
  • I'll Be Back

以上の3曲でした。

逆にベスト盤に収録されている曲はどれだけあるのかというと…

  • A Hard Day's Night
  • Can't Buy Me Love
  • And I Love Her

この3曲だけです。なので、購入しても収録曲は、ほぼベスト盤と重複していませんでした。購入して間違いないアルバムです。

かねてより私は最初に聞くべきアルバムと主張しておりました。その理由は、こちらに詳しくかいておりますので、参考にしてみてください( 最初に聞くべきアルバムは?)。

ちなみにこのアルバムは、前の2作とは違いカバー曲が入っていません。ついでに言うと、ジョージハリスン作とリンゴスター作の曲も入っていません。

混じりっけなし!

全曲レノンマッカートニーオリジナルの唯一のアルバムです。

ますます、買うと得する気がしませんか?

全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム。初期ビートルズらしい疾走感を感じられるご機嫌な名作です。ビートルズは映画の分野でも革命的な存在。これまでの音楽映画の胡散臭さを一新。今のロック映画の礎を気づいた作品と言っても過言ではありません。この作品がなかったら映画『ボヘミアンラプソディ―』もなかったかも…。

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。ちょっとしたアルバムガイドになっていると思います。参考にしてみてください。 詳しくはこちらから

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました