ビートルズ史上最高の売り上げを誇るHey Judeを聞くならこのアルバム!

ビートルズの曲

ビートルズ(The Beatles)を代表する曲と言えば…、たくさんありますが、Hey Jude をあげて異論を唱える人はいないでしょう。個人的には、YesterdayよりもLet It Beよりもお気に入りの名曲です。

今、このHey Jude が聞きたい!

そう思ったとき(私は月に10回以上あるのですが)、どのアルバムを手に取りますか?Hey Judeって、公式盤だと4枚のアルバムに収録されています。

  • 『パストマスターズvol.2』(Past Masters vol.2)
  • 『ビートルズ1』(The Beatles 1)
  • 『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』(The Beatles / 1967-1970 ):青盤
  • 『ザ・ビートルズ・アンソロジー3 』(The Beatles’ Anthology 3)

ご覧のとおり、Hey Judeって、シングル集とベストアルバム、それからアンソロジーにしか収録されていなんです。残念ながら、オリジナルアルバムには収録されていないので注意が必要です。

  • ビートルズちょっとだけ興味あるよー
  • なんとなくいい歌そうだから聞きたいよー
  • Hey Judeさえ聞ければそれでいいんだよー

という方から

  • ビートルズを完璧に極めたい!
  • Hey Judeはその一歩に過ぎない!
  • バージョン違い?望むところだ!
  • 今に見てろ

という方もいると思います。ここではHey Judeが収録されている4枚のアルバム+1枚を紹介します。それぞれのビートルズライフにあったアルバムを見つけてください。

だいたい3分で読み終わります。

では、まずはHey Judeってどんな曲?から

スポンサーリンク

ビートルズのヘイジュード(Hey Jude)ってどんな曲?

ヘイジュード(Hey Jude)といえば2012年のロンドンオリンピックの開会式でポールマッカートニー(Paul McCartney)が演奏したのが記憶に新しいですね。この曲、いったいどんな曲なんでしょう。

ヘイジュード(Hey Jude)はビートルズのシングルの中で最も売れた曲です。

ジュードはジョンレノン(John Lennon)の息子ジュリアンのこと。当時、ジョンとその妻シンシアが離婚問題でゴタゴタしている中、ポールがジュリアンを励ますために書いた曲です。ポール、優しいですね。

この曲にまつわるエピソードとしては他にも…

  • 曲の本編よりもnanananaの部分のほうが長い
  • ポールがジョンに歌詞に助言を求めた
  • ジョンレノンは自分への応援歌だと思っていた
  • 高音域がつぶれていたためお蔵入り寸前だった

など、いろんなエピソードがてんこ盛りです。

気になるのは、ポールがジョンに助言を求めた歌詞について。

The movement you need is on your shoulder

助言を求めたのはこの部分だそうで、ポール的には変更したかったらしいのですが、ジョンは言い放ちます。

「ここが一番いい歌詞じゃないか!」

ちょっと、適当に言った感はありますが、ともあれこの一言でポールは歌詞の変更を思いとどまり、今に至っています。今では最もお気に入りの部分だとか。

他にもエピソードがてんこ盛りのこの曲ですが、長くなりますので、また別の機会に。といったところで、そろそろアルバム紹介です。

オリジナルアルバムをそろえるなら『パストマスターズvol.2』

ヘイジュードをきっかけにビートルズのオリジナルアルバムをそろえるのであれば、断然『パストマスターズ』をおすすめします。理由は、曲がほぼカブっていないからです。

パストマスターズのディスク2の収録曲です。
01. Day Tripper
02. We Can Work It Out
03. Paperback Writer
04. Rain
05. Lady Madonna
06. The Inner Light
07. Hey Jude
08. Revolution
09. Get Back
10. Don't Let Me Down
11. The Ballad Of John And Yoko
12. Old Brown Shoe
13. Across The Universe
14. Let It Be
15. You Know My Name (Look Up The Number)

ヘイジュードの他にも、みんな大好きLet It Beも入っています。RainだとかThe Inner Lightだとか、他では聞けない曲が収録されており、お得感抜群な作品です。

ヘイジュードが聞ければいいやって方はベストアルバムがおすすめ

お目当てはヘイジュードだけって方はベスト盤を手に取ってみてください。青盤(『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』)と『ビートルズ1』です。

ヘイジュード以外にも超有名曲がたくさん収録されています。同じお金を払うなら、有名曲が多いほうがお得ですからね。

ただ、オリジナルアルバムを全部そろえようって人は曲のカブリ率が高いので注意が必要です。特に青盤は曲数が多いのでなおさらです。

アンソロジーで短いバージョンのヘイジュードを聞いてみよう!

言わずと知れたビートルズのアウトテイク集『ザ・ビートルズ・アンソロジー3 』にもヘイジュードは収録されています。大きく違うところは、曲が短いところです。

公式にリリースされたHey Judeは7分を超える超大作!後半のnananana…の部分のほうが長いという、さすがビートルズとでも言うべき曲です。

そのnananaの部分が短く収められているのがアンソロジーバージョンです。

もっと、短くてもいいんじゃね?

と、かねてから思っていた方にはおすすめです。アウトテイクと言えば、2018年にリリースされた『ザ・ビートルズ』(The Beatles)の50周年記念アニバーサリー・エディションにも収録されています。興味のある方はご一聴ください。

まだあった!シルクドゥソレイユのサントラ盤『ラヴ』 (LOVE)

最後に、もう1枚だけ紹介します。シルクドソレイユのサントラ盤『ラヴ』 (LOVE)です。ジョージがシルクドゥソレイユの創設者ギーラリベルテと意気投合した結果、企画されたアルバムです。

『ラヴ』 (LOVE)バージョンのヘイジュードはかなり端折られています。nananaへの突入が早いのです。『ラヴ』 の中の一曲として聞くにはいいのですが、個人的に消化不良です。

なんだかんだでヘイジュードが聞けるアルバムは、2018年のホワイトアルバムと『ラヴ』 を入れると6枚もありました。それだけヘイジュードは需要が高い曲ってことですね。

ロンドンオリンピックでの演奏も盛り上がりましたしね。ちなみにその時のポールの出演料は1ポンドだったそうです。

以上、Hey Judeを聞くならこのアルバム!でした。今回紹介したアルバムはこちらから購入できます。よければどうぞ!

ビートルズは基本的にシングル曲はアルバムに収録をしないという方針があったため、アルバム未収録のシングルが収録されています。ほぼ、ベスト盤といっても過言ではない内容の作品集です。『ビートルズ1』や赤盤、青盤がでるまではこのアルバムで、She Loves YouやI Want to Hold Your Hand、Hey Jude、Let It Beといったシングルを聞いていました。
全英/全米で1位を記録した27曲が最高の音と映像で登場! 2000年にリリースされ全世界で3200万枚のセールスを記録。2000年代に最も売れたアルバムです。これ1枚でだいたいビートルズがわかる!でも、わかってからがビートルズ道のスタートです。ビートルズ研究のスタート地点に立たせてくれるアルバムです。
1967年から1970年までのビートルズのベストアルバム!Hey JudeやLet It Beなど、誰もが知っている超有名曲がてんこ盛り。ちょっとマニアックな曲も収録されています。赤盤とともに世界中でとんでもないセールスを記録した通称青盤がリマスターで復活。ビートルズ現象は令和の今も終わっていません。
ビートルズの業績を振り返るアンソロジー・シリーズ第3弾。1968年~1970年の解散までの後期ビートルズの未発表音源集です。『ホワイト・アルバム』『アビイ・ロード』『レット・イット・ビー』…タイトルを見るだけで震えるくらいの名作です。ルーフトップのGet Backも収録!最強です。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました