【Abbey RoadとLet It Be】ビートルズのラストアルバムはどっち?

1968年-1970年(後期)

活動期間約8年の間に名作を大量に残してきたビートルズ(The Beatles)。オリジナルアルバムを12枚、『Magical Mystery Tour』を数に加えるとわずかな活動期間内に13枚ものアルバム(人類の宝)を残してくれています。

ビートルズをこれから聞くぜ!という人には、ぜひ1枚目の『Please Please Me(プリーズプリーズミー)から初めて、最後のアルバムまで順に聞いてほしいところ。

そう、最後のアルバム…、

あれ?

『Abbey Road(アビーロード)』だっけ?『Let It Be(レットイットビー)』だっけ?

ビートルズに詳しい方はもうご存知でしょうが、この2枚のどっちをラストアルバムとするのかは、ちょいとややこしいのです。何がそうややこしくしているのでしょうか。今回、その点に焦点をあててみたいと思います。

スポンサーリンク

制作日とリリース日が、ややこしや

『Abbey Road』は、実質的なラストアルバムとして、よく語られます。ビートルズのことをよく知らない人にとっては、実質的って何?という感じだと思います。

「実質的な」と形容が付いている時点で、ラストアルバムじゃないんだなと予想がつきますね。そうなんです。『Abbey Road』はビートルズが最後にリリースしたアルバムじゃないんです。最後にリリースしたアルバムは『Let It Be』なんです。

『Abbey Road』のリリースが1969年9月26日に対して、『Let It Be』は1970年5月8日のリリース。一目瞭然。『Let It Be』のほうが後にリリースされています。

じゃあ、『Abbey Road』の実質的って何?

ますます疑惑が深まりますね。ここでいう実質的ラストというのは、レコーディングをした日付を基準にしたものです。つまり『Let It Be』よりも『Abbey Road』のほうが日付としては後にレコーディングされたアルバムというわけです。

『Let It Be』のレコーディングはゲットバックという名のセッションで、1969年の1月ごろから開始。『Abbey Road』のレコーディングの時期は1969年7月から8月にかけてです。

なので、レコーディングは『Abbey Road』よりも先だけどリリースが後なのは『Let It Be』。最後にレコーディングされたけどリリースされたのは『Let It Be』よりも先なのが『Abbey Road』。実質的というのは、こういうわけです。

ただ、このレコーディングの時期については、実は『Let It Be』の一部の楽曲は、『Abbey Road』の録音よりも後に作られたものもあり、最近では実質的という表現にクエスチョンマークがついています。

全英で17週連続、全米では11週連続1位となるなど世界的な大ヒットを記録したモンスターアルバム。Disc 2とDisc 3にはポール・マッカートニーが他アーティストにプレゼントした「グッドバイ」「カム・アンド・ゲット・イット」を収録。他にも未発表曲が多数収録!!Her Majestyがメドレーに組み込まれている!?あの曲、メドレーの一部だったの!?気になりませんか?

伝説とファンの思惑が入り混じって さらにややこしや

『Let It Be』収録の楽曲に『Abbey Road』のレコーディングよりも後に制作された曲があると明らかになったのは、1990年代に入ってからのことです。それまでなぜ秘密にしていたんだという疑問は置いておいて、とにもかくにも『Abbey Road』後にもゲットバックセッションは続けられていたようです。

そうなってくるともう『Let It Be』が名実ともにラストアルバムなんじゃないかという気もしますが、単純にそうならないのがビートルズです。いやビートルズファンの心理です。

『Abbey Road』と『Let It Be』のアルバムとしての評価を比べた場合、一般的には『Abbey Road』に軍配があがります。『Let It Be』はビートルズ作品の中では、やや評価が低い傾向にあり、散漫、集中力に欠ける…、といった評価を受けています。

片や世紀の名作と称えられるアルバムで、片や集中力に欠ける評されるアルバムです。ファンとしてはなんとしても前者『Abbey Road』をラストアルバムにして、有終の美を飾ってほしいわけです。

そこで生み出された考え方が、「ビートルズがこれで最後と腹をくくって作ったアルバム」というもの。ビートルズが最後に本気だして作ったアルバムをもって、実質的ラストアルバムだ!としたわけです。かなり私の想像が入ってますが、そんな感じだと思います。

『Let It Be』は本気出してないアルバムなの?

そうなると問題になってくるのは、『Let It Be』は本気じゃないの?問題です。この点は、どうなんでしょうかね。ゲットバックセッションあたりのインタビューなんかを見る限りだと、失敗だったとか、うんざりだとか、あんまりポジティブなワードがでてこないのも事実です。

そして、ゲットバックセッション後、しばらくその音源を放置していたことも、本気じゃない感じが伝わってきます。そして決定的なのは、プロデューサーが違うことでしょうか。

『Let It Be』以外のビートルズのアルバムは一貫してジョージマーチンがプロデュースしています(She's Leaving Homeは例外)。ところがこの『Let It Be』に限っては、フィルスペクターがプロデュースしているのです。

失敗だった…との発言、音源放置、いつもと違うプロデューサーが編集してようやくリリース。これだけみると、やっぱり本気じゃない感じを受けます。

さらに『Let It Be』のリリースに合わせたかのようなポールマッカートニーによるソロ作品リリース(『McCartney』)もあって、より一層本気じゃない感が出ています。

実際のところはどうなんでしょう。

2020年、『Let It Be』リリース50周年に合わせたドキュメンタリー映画で、その点明らかになるかなと思っていたのですが、新型コロナの影響でまさかの公開延期。真相はまだわかりません。映画の公開を楽しみに待ちましょう。

メンバー仲が険悪な中で作られた作品で、まとまりのなさを感じるアルバムもあります。ファンはそこを歴史と捉えてこのアルバムを楽しみます。収録曲は名曲ぞろい。Let It Beはもちろん、Across the Universe、Get Backなどてんこ盛りです。まとまりのない中、こんな名曲が生まれるのですから、驚きですね。The Long And Winding Roadもありました!

結局、どっちがラストアルバムなんだい?

まあ、普通に考えると『Let It Be』かな…とは、思います。いくらレコーディングが『Abbey Road』より先だからといっても最後にリリースされた作品ですもん。これがビートルズじゃなくて他のミュージシャンだったら、最後にリリースされた作品がラスト作品なはずです。だって、レコーディングの時期なんてきにしませんから。

冷静に考えるとそうなりますね。ということで、ラストアルバムは『Let It Be』で…!と言いたいところですが、私はビートルズファンです。冷静に考えられるわけがありません。だから、なので、そういうこともあって、やっぱり『Abbey Road』をラストに位置付けたい。

『Abbey Road』収録の最後の曲がThe Endというのも『Abbey Road』のラスト推しに一役かってます(Her Majestyはおまけ)。伝説のバンド、ビートルズのラストアルバムの最後の曲がThe Endって美しいじゃないですか。

ということで、ビートルズのラストアルバムは『Abbey Road』に決まり!としたいと思います。

ゲットバックセッションの全貌が分かるのはこの本です

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました