ビートルズの名曲が響くおすすめ映画『アクロスザユニバース』

ビートルズ関連映画

映画『ボヘミアンラプソディ』見ましたか?せつなくて、おもしろかったですね。そんなあなたは今、ビートルズ関連の映画を探してるんじゃないですか?いいのありますよ。

映画『アクロスザユニバース』です。

  • アカデミー賞の衣装デザイン賞
  • ゴールデングローブ賞の作品賞
  • グラミー賞のサウンドトラック賞

といった賞にノミネートされていたので、すでにご存知かもしれませんが、この記事ではビートルズファンなら見ておくべき映画、『アクロスザユニバース』(2007年制作)の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

ビートルズの曲が33曲も使われている映画『アクロスザユニバース』

ビートルズの曲がふんだんに使われているミュージカル映画です。ベトナム戦争中のアメリカを舞台にした恋愛映画で、ビートルズの名曲とともに物語は進みます。

ざっくりとしたストーリーは…
リバプール出身の青年ジュードがアメリカにわたり、
そこで友人となった大学生マックスの妹ルーシーと恋に落ちます。
ジュードはアメリカで気の合う友人たちと共同生活を始めるのですが、
マックスの徴兵・ベトナム行きを機にルーシーは反戦デモに傾倒していき、
そこから二人の関係もギクシャクするようになり・・・

という直球ストレートど真ん中の青春ラブストーリーなのですが、この映画はただ薄っぺらいラブストーリーに終わりません。ベトナム戦争、反戦デモ、学生運動、ヒッピームーブメントなどがすぐ近くにあった、1960年代の若者の苦悩が秀逸に描かれています。

うぉーらす

しかもビートルズの曲にのせて。

YESとNOだけで世界はできていない

徴兵されベトナム戦争に行くマックス、兄の徴兵を機に反戦デモに傾倒する妹ルーシー。その時、主人公のジュードは何をしていたかというと、絵を描いています。「戦争に行く若者」でもなく「戦争に反対する若者」でもありません。ジュードはその「どちらでもない若者」として描かれています。やがてジュードは戦争・反戦についての立場を問われます。その場面で歌われるトロベリーフィールズフォーエバーが非常に印象的です。

少し歌詞を抜粋します。
I think, er, no, I mean, er, yes
But it's all wrong
That is I think I disagree

戦争・反戦への立場について、どっちもでもない!と言っているのです。ジュードの立場は、どっちらでもないのです。無関心なようにも思えますが、ジュードにはやることがあった。それが絵を描くことだったのです。

このあたり、信じられていた「古い価値観」が崩れ始めた1960年代の雰囲気と共に若者像を見事に描いていると思いませんか?私のストロベリーフィールズフォーエバーの解釈とは雲泥の差です。

ビートルズは、新しい価値観を世界中に示す存在だった

映画『アクロスザユニバース』はジュードの歌うAll You Need is Loveで幕を閉じます。古い価値観が崩れつつあった時代の中で、"LOVE"こそが新しい価値なんだと表明しているように感じます。1960年代、ビートルズが圧倒的な人気を得たのは、一貫して”LOVE"という新しい価値を提示したからで、解散後なお人気が衰えない理由も、今なお世界中の人々が”LOVE"を求めているからではないかと、柄にもなくまじめにそう思ってしまいます。

とにもかくにも…この映画『アクロスザユニバース』は、ビートルズをひも解くヒントを与えてくれる映画です。おすすめです。ぜひ!

ただ薄っぺらいラブストーリーではありません。ベトナム戦争、反戦デモ、学生運動、ヒッピームーブメントなどがすぐ近くにあった、1960年代の若者の苦悩が秀逸に描かれています。

 

映画『アクロス・ザ・ユニバース』のサントラもいかがでしょうか?
映画『アクロス・ザ・ユニバース』のサウンドトラック。ビートルズの秀逸なカバーが29曲も収録。青春ど真ん中ストレートのサウンドをどうぞ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました