【厳選3曲】ポールマッカートニーのベースがうなるビートルズの名曲

ジョンレノン

「ビートルズは楽器が下手!!」

…なんてことを聞いたことはないでしょうか。ビートルズを書籍なんかで調べていると、たまーにこんな記述に遭遇します。よくもまあこんな流言が書けたものです。ことの本質が分かっていませんね。

特に、ポールマッカートニー様に至っては、「楽器が下手!!」なんてことはまったく当てはまらない。仮にもし当てはまったとしたら、世界中のミュージシャンは「楽器が下手!!」ってことになってしまいますね。言葉には気を付けたほうがいいです。

そんなポールマッカートニー様。

2020年12月に『McCArtneyⅢ』をリリースするこのこと。楽しみですね。と、言うわけで今回はポールのベースがうなるビートルズの名曲を3曲厳選して紹介いたします。以前も"ベースが冴える曲"を紹介しましたので、今回はパート2です。


スポンサーリンク

ジョージハリスンの名曲にポールのベースあり Taxman

1曲目は1966年リリースのアルバム『Revolver』収録のジョージハリスンの名曲Taxmanです。ちょいちょい気になっているのですが、ポールはジョージの名曲にベースの名演をぶっこんでくると思いませんか?

それは『Abbey Road』のSomething(ジョージの代表作)で顕著になるのですが、中期のこのころにも既に予兆はあったわけです。

ポールとしては、決して目立ってやろうとしているわけでもなく、他人の曲で実験してやろうと思っているわけでもないはずで(私はそう信じています)、ベースで曲を引き立てようとしているんだと思いますが、どうも気になってしまいます。

このTaxmanのベースはクセになります。

Rainほど複雑でなく、Somethingほどメロディアスじゃない。でも、クセになる。クセの強いベースの名演です。

もしかしたらこのベースのフレーズはリードギターよりも目立っているかもしれません。かわいそうなジョージ…、と思って調べてみたら、Taxmanのリードギターはポールでした。

『リボルバー』ほど幅広いファンに届くアルバムはちょっと見当たりません。初期サウンドの香りを残しつつサイケデリック方面に向かっていく前衛集団としてのビートルズが聞けます!各所に実験的要素がちりばめられた前衛的な作品。それでいてキャッチーです。相反するであろうこの二つの要素を何の苦も無く合体させているのがビートルズの凄いところ。

実はけっこうハードめなベース Magical Mystery Tour

2曲目はポールマッカートニー自身の作品です。1967年リリースの『Magical Mystery Tour』収録のMagical Mystery Tourです。

あれ、この曲のベースってどんなのだっけ?そう感じられたかもしれませんね。でも、ちょっと意識して聞いてみてください。滅茶苦茶カッコイイんです。

聞いてみると、実はけっこうハードな感じのベースなことが分かると思います。ベースの音がたたみかけてきます。タイトルがポップな感じなので、そっちにイメージが引っ張られるのですが、実はハード。ちゃんとロックンローラーやっているポールが素敵です。

もっと評価されてもいい曲だと思うのは私だけでしょうか。

Magical Mystery Tourは『Magical Mystery Tour』に収録↓/

アルバムのハイライトは何といってもI Am The Walrusです。ジョンレノンによる作品で「100年たっても飽きない何かがある」楽曲です。前半6曲は同名テレビ映画用に作られたサントラ。後半は珠玉のシングル集。Strawberry Fields ForeverとPenny Laneが収録されていて名作じゃないわけがない!

ピアノも良いけどやっぱりポールのベース Hey Bulldog

厳選3曲のラストはジョンレノン作のHey Bulldogです。1969年リリースの『Yellow Submarine』収録のハードな1曲です(この1曲だけでも『Yellow Submarine』を買う価値あり)。

ビートルズの隠れた名曲です。

ただし、ポールのベースはまったく隠れていません。イントロとエンディング部分のポールのベースは、うねりまくっています。特にイントロ部分が好き。ジョンが奏でるピアノにジョージのギターがからみ、さらにポールのベースがぶつかってどえらいハーモニーを奏でています。

文字で読むより聞けば一発で納得できる演奏です。

歌ってハモってもスゴイビートルズですが、演奏でハモってスゴイ。何なんでしょうね、このジョンとポール、そしてジョージの組み合わせって。やっぱりビートルズっスゴイぜ。

Hey Bulldogは『Yellow Submarine』に収録↓

☆こっちのほうがおすすめ☆アニメ『イエローサブマリン』用に制作されたアルバムです。ジョンレノンのHey BulldogやポールマッカートニーのAll Together Nowといった名曲が収録されています。オリジナルアルバムとは収録曲が異なります。ちょっとしたベストアルバムみたいになっていますので、オリジナル盤よりもお得な感じがします。音もクリアです。

まとめ やっぱりビートルズは演奏が上手い!

ポールのベースについて、ビートルズ解散後にジョンレノンは次のように語っています。

「今あるベースの演奏の8割はポールのパクリだ」

これはテクニック面を言っているのか、革新性を指しているのか不明ですが、たぶん両方でしょう。世紀の皮肉屋ジョンがこう言うんだからポールのベースがスゴイってことは間違いないでしょう。

ポールのスゴイ!ベースという視点でビートルズの曲を3曲紹介してきました。

  • Taxman
  • Magical Mystery Tour
  • Hey Bulldog

改めて、この3曲を聞いてみると、ポールだけじゃなくジョンもジョージもリンゴスターもみんな演奏が上手いんですね。この3曲だけでもそれが分かります。

ジョン&ポールはもちろん、ジョージのギターだって味がある!リンゴのドラムだってとことん個性的なのです。

誰だ?

「下手!!」なんて言った人は。どこをどう聞いてそう思ったか、聞いてみたいですね。聞き込みが足らない!と説教したくなります。

以上、【厳選3曲】ポールマッカートニーのベースがうなるビートルズの名曲でした。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました