アルバム『プリーズプリーズミー』でしか聞けないビートルズの名曲3選!!

1962年-1965年(初期)

ビートルズ(The Beatles)の1st アルバム『プリーズプリーズミー』。名作ですねー。伝説ですねー。今まさに購入しようと手に取った時、ポチろうとした時、悪魔が耳元でささやきませんでしたか?

買わなくていいじゃね?

気持ちはわかります。令和の今、ベスト盤もたくさんリリースされていますので、やはり躊躇してしまいます。

  • 聞きたい曲、ベスト盤に入ってるじゃん
  • ベスト盤を買えば他の有名作品も聞けるしなー
  • シングルになった曲以外、変な曲だったらお金の無駄になるな…

このあたりが躊躇の理由でしょうか。

断言します。

トルズのアルバムを購入して損をすることはありません。

積極的に買うべきだと私は思っています。むしろ購入していないのは、人生の大半を損しているとすら思っています。それに私は「購入して損したー!」と言っている人に出会ったことがありません。

確かにベスト盤もリリースされており、それなりに有名な曲はそこに収録されているのですが、ビートルズの場合、収録されていない楽曲も恐ろしくクオリティが高いのです。

今回紹介する『プリーズプリーズミー』もそうです。

【プチ解説】『プリーズプリーズミー』とは…?
  • 1963年にリリースされたビートルズのデビューアルバム
  • 10時間程度のレコーディングで完成
  • イギリスチャート30週連続1位という伝説を作る
  • オールタイム・ベスト・アルバム500で39位(ローリングストーン誌)

このアルバムでしか聞けない名作を3作品チョイスしてお届けしたいと思います。まずは、このアルバムでしか聞けないこの曲から。

レコーディングに要した時間は約10時間。ほぼ一発録音のライブ感満載のアルバムです。イギリスでリリースされ30週連続1位という驚異的な記録を残しています。世界に刻印したビートルズの初期サウンドがたっぷりと聞ける名作。ちなみにこのアルバムから1位を奪ったのがビートルズの2ndアルバムです。
スポンサーリンク

 4秒後に世界を変えた I Saw Her Standing There

文句のつけようのない名作ですね。

作詞作曲のクレジットはレノンマッカートニー(Lennon McCartney)作品ですが、主にポールマッカートニー(Paul McCartney)によって作られたものです。

デビューアルバムの1曲目を飾るロックンロールな作品。ビートルズの物語はこの曲から始まります。冒頭のポールによる「one, two, three, four!」は世界一重要なカウント。このカウントから、今なお続くビートルズ現象は始まります。

キャッチーでポップな超重要曲なのですが、ベスト盤への収録はなし。『ビートルズ1』にも赤盤、青盤にも収録されていません。

I Saw Her Standing There 。この1曲だけでも十分に『プリーズプリーズミー』を購入する理由になります。ビートルズを語る上で、絶対に押さえておかなければならない曲です。

歌詞がちょっぴり哲学的な There's a Place

2曲目はジョンレノン(John Lennon)の作品です。I Saw Her Standing There に比べると知名度は劣りますが、クオリティの高さは負けておりません。

初期ビートルズらしい疾走感たっぷりな曲なのですが、歌詞に目を移すとちょっぴり哲学的。他の曲のような惚れたはれたな感じじゃないんです。

何となくですが、中期のアルバム『ラバーソウル』収録の Nowhere Man を想起させる歌詞になっています。この曲を歌った当時のジョンレノンの年齢は22歳。こんな若いころからややこしいことを考えていたんですね。

There's a Place も『プリーズプリーズミー』にしか収録されていません。もっと多くの人に知られていい名作のひとつです。

改めて聞くと、ジョンとポールのハモリが美しい曲ですね。二人とも歌が上手い。

ビートルズによるもっとも有名なカバー曲 Twist And Shout

超!有名曲ですね。アルバムのラストを飾る名曲です。前の2曲と違うのは、カバー曲であるということ。ビートルズバージョンが有名すぎてオリジナルと間違られることが多々ある作品です。

聞きどころは、やはりジョンのボーカルです。

アルバム『プリーズプリーズミー』のレコーディングで、1日ぶっ通しで歌っていたジョンの声は、すでに限界にきていました。その日の最後に臨んだこの曲を、ジョンは声を絞り出すように歌っています。

それがもうなんともセクシーなんです。

このセクシーボイスを聞けるのはもちろん『プリーズプリーズミー』だけ。ご一聴してみてください。ポールとジョージによるコーラスも素晴らしい仕上がりです。

14曲中12曲がベスト盤未収録のお得なオリジナルアルバム

ここで『プリーズプリーズミー』でしか聞けない名曲3選をまとめました。

  • I Saw Her Standing There
  • There's a Place
  • Twist And Shout

以上の3曲でした。

逆にベスト盤に収録されている曲はどれだけあるのかというと…

  • Please Please Me
  • Love Me Do

この2曲だけでした。なので、購入しても収録曲は、ほぼベスト盤と重複していませんでした。なんとも財布に優しいアルバムです。

また、ベスト盤未収録だからといってクオリティが低いわけじゃありません。ここで紹介した3曲はもちろんですが、他の曲もクオリティは非常に高いのです。

カバー曲が6曲とやや多いですが、このカバー曲もまた良し!!なのです。

購入して損をすることはまずありません。人生が豊かになるという意味で、購入すると得する作品だと思います。収録曲を確かめてぜひ手に取って聞いてみてください。

 

レコーディングに要した時間は約10時間。ほぼ一発録音のライブ感満載のアルバムです。イギリスでリリースされ30週連続1位という驚異的な記録を残しています。世界に刻印したビートルズの初期サウンドがたっぷりと聞ける名作。ちなみにこのアルバムから1位を奪ったのがビートルズの2ndアルバムです。

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。ちょっとしたアルバムガイドになっていると思います。参考にしてみてください。 詳しくはこちらから

ビートルズ関連グッズはこちらからどうぞ


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました