【神曲】ビートルズ時代のジョンレノンの一番いい曲を決めたい!!

ジョンレノン

伝説の曲を数多く残してきた偉大なるビートルズ(The Beatles)。そのリーダー、ジョンレノンの曲で、結局どれが最もいい曲なのでしょうか?人類はいまだこの「聖なる問い」に対して回答できていません。

ビートルズを聞く人、ジョンを想う人のそれぞれに好みがありますので、たぶんと言うか、おそらくと言うか、まあ、絶対に「これだ!」という答えは出ないのですが、ここではこの「聖なる問い」に挑戦したいと思います。

異論はいろいろあると思いますが、今の私が考えるジョンレノンのベストソングを初期、中期、後期の中からそれぞれ1曲を選び、最終的にNo.1を決めようと思います。

ジョンレノンが作った作品という以外に、特に選出基準なんてものはありません。こんな意見もありますよ…という参考にしていただければと思います。それではさっそく、初期のジョンレノン様の作品から。

スポンサーリンク

ビートルズをグイグイひっぱていた初期ジョンレノンの名作

以前、「ジョージハリスンの最強の曲を決める!」を作成した時と違い、さすがビートルズのメインコンポーザーのジョンレノンです、楽曲が多い!!だからかなり迷っちゃいます。でも、逆に言うと決めがいがあるってもんです。

ここは丁寧に見ていきたいところ。ということでアルバムごとに1曲ずつ選出して、最終的に初期の代表作を勝手に決めていきたいと思います。まずは『Please Please Me』からです。

『Please Please Me』収録 ジョンレノンのベストナンバー
  • Ask Me Why
  • Please Please Me
  • Do You Want to Know a Secret
  • There’s a Place

『Please Please Me』に収録されているのはこの4曲です。Please Please Meというビッグネームの曲もありますね。順当に考えれば、この曲を選出…ということになるのでしょうが、ここはThere's a Placeを選出したいと思います。

曲の知名度的にはそれほどでもないのでしょうが、なんか好きなんですよね。初期ビートルズらしい疾走感たっぷりな曲なのですが、歌詞に目を移すとちょっぴり哲学的。他の曲のような惚れたはれたな感じじゃないんです。

何となくですが、中期のアルバム『ラバーソウル』収録の Nowhere Man を想起させる歌詞になっています。この曲を歌った当時のジョンレノンの年齢は22歳。こんな若いころからややこしいことを考えていたんですね。

ということで、『Please Please Me』からはThere's a Placeです!

『With The Beatles』収録 ジョンレノンのベストナンバー
  • It Won’t Be Long
  • All I’ve Got To Do
  • Not A Second Time

『With The Beatles』はこの3曲です。これも迷いますねー。でもここは、All I’ve Got To Doにしたいと思います。なんと渋いじゃないですかこの曲。このころの疾走感ある他の曲とは違い「なんか渋い」んです。

ジョンって、こんな曲も作れるんだー。ということで『With The Beatles』からはAll I’ve Got To Doにしようと思います。

『A Hard Day's Night』収録 ジョンレノンのベストナンバー
  • A Hard Day’s Night
  • I Should Have Known Better
  • If I Fell
  • I’m Happy Just to Dance with You
  • Tell Me Why
  • Any Time at All
  • I’ll Cry Instead
  • When I Get Home
  • You Can’t Do That
  • I’ll Be Back

『A Hard Day's Night』収録のジョンのナンバーはこの10曲です。10曲!!多い!1曲に絞るなんて不可能な気がしてます。でも、無理矢理にでも決めたいと思います。

どれもこれも良い曲なんですよねー。If I Fellはポールマッカートニーとのハーモニーが最高で、Tell Me Whyではジョンの裏声が聞けます。You Can’t Do ThatやI'll Cry Insteadはクセになる不思議な魅力があり、 Should Have Known Betterはハーモニカが美しい。I’ll Be Backもとても良い、Any Time at Allはワイルド…。うーん、きりがない。

でもこのアルバムからは、A Hard Day’s Nightを選びたいと思います。やっぱりこの曲はビートルズの代表曲ですからね。ということで、A Hard Day’s Nightです!

『Beatles for Sale』収録 ジョンレノンのベストナンバー
  • No Reply
  • I'm a Loser
  • I Don't Want To Spoil the Party

『Beatles for Sale』からはこの3曲です。前作に比べるとさすがにペースが落ちてますね。人気絶頂の時期で多忙を極めていたというのがよくわかります。さてこの3曲のから1曲を決めるとなると、非常に難しいですね。でも、ここはNo Replyでしょうか。メロディも歌詞も大好きな曲です。

I'm a Loserの歌詞、I Don't Want To Spoil the Partyの隠れた名曲感もいいですが、個人的にはNo Replyは頭ひとつ抜けているような気がします。ということで、このアルバムからはNo Replyです!

『Help!』収録 ジョンレノンのベストナンバー
  • Help!
  • You’ve Got To Hide Your Love Away
  • You’re Going To Lose That Girl
  • Ticket To Ride
  • It’s Only Love

『Help!』からはこの5曲です。改めて見てみるとジョンレノンっていい曲作ってますねー。当たり前か。でもこの楽曲群であれば、私的にはHelp!一択かなと思います。

You’ve Got To Hide Your Love Awayを初めて聞いたとき、あのコーラスワークに「おぉ!」となりましたが、まあ、このアルバムからはHelp!でしょう。当時のジョンの「心の叫び」という点で、ビートルズ史的に意味ある楽曲ですからね。ということで、このアルバムからはHelp!です。

初期ビートルズ ジョンレノンのベストナンバーは…

初期ビートルズ時代のジョンの作品のエントリー作品を見てみましょう。

  • There’s a Place
  • All I’ve Got To Do
  • A Hard Day's Night
  • No Reply
  • Help!

 

さて、この中からどの曲を選ぶべきか…。どれを選んでも正解なんだと思うのですが、今現在の心模様で決めたいと思います。

…、決めました。A Hard Day's Nightにしたいと思います。やっぱりあの疾走感がたまらないからです。それに、"When I'm home~~"部分をポールマッカートニーが歌っているっていうのも、なんかいいですよね。ポールにも気を遣っているジョンの優しさを勝手に感じています。

Help!のコーラスもいいんですけどねー。いや、まあ、ここはA Hard Day's Nightにしておきます。いまは、そんな気分です。

さて、次からは中期の作品です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました