【ちょっと変わったビートルズ】ビートルズのルールを破った名曲を3曲紹介

ジョンレノン

ビートルズにはあるルールがあります。厳密にいうと、ジョンレノンとポールマッカートニーの間にあります。それは、曲を作ったほうが歌うという暗黙のルールです。ジョージハリソンやリンゴスターのために二人が作った曲は別として、自作の曲は自分で歌うスタイルは、しっかり守られています。

ビートルズにはジョンとポールが別々に作った曲を合体させて完成させた曲がいくつかあるのですが、それらの曲も作ったパートをそれぞれが歌っています。結構厳密ですね。何か取り決めがあったのでしょうか。

ただ、例外もあります。今回はその例外の曲…

  • ジョンが作ったのにポールが歌っている
  • ポールが作ったのにジョンが歌っている

そんな曲を3つ選んで紹介いたします。どれも名曲ですので、この記事を参考にぜひ聞いてみてください。

スポンサーリンク

ジョンレノン作の初期の名作 A Hard Day's Night

1964年に公開されたビートルズ主演映画の主題歌です。イントロのギターが印象的なビートルズ初期の代表作のひとつです。日本では来日時の映像とともにこの曲が流されることが多く、ビートルズ=A Hard Day's Nightみたいな感じになっていますね。

ビートルズの典型的な初期の曲と思われがちですが、「作った人が歌う!」というルールに照らし合わせれば、例外中の例外の曲です。どの部分が例外かというと…

ちょっと歌詞を抜粋
When I'm home
everything seems to be all right
when I'm home
feeling you holding me tight, tight

中間部分のここです。ジョンレノン作の曲でありながら、ポールが歌っています。理由は、ジョンが歌うにはキイがちょっと高すぎたから、とのことです。

この理由ホントかな?と思うのは私だけでしょうか。だって自分で作ってるんですよ。本当はポールに花を持たせてあげたいからとの理由なんじゃないかと勝手に思っています。ともあれ、例外曲の1曲目はA Hard Day's Nightです。

うぉーらす
うぉーらす

ライブ映像でみると、ヴォーカルが

ジョンからポールに

スイッチするところがカッコいい!

ポールマッカートニー作なのにジョンが歌う Every Little Thing

Every Little Thingは、1964年にリリースされたアルバム『ビートルズフォーセール』に収録されている曲です。この曲は本当に謎です。

ジョンもポールも"ポール作"と認めている曲であるにもかかわらず、ジョンレノンがヴォーカルをとっています。サビの部分でポール感が出てきますが、それにしてもなぜジョンレノンなのでしょうか。長年調べてきたつもりではいるのですが、いまだ理由は不明です。

曲調的にもジョンレノンっぽさはあまりなく、ファン目線ではどちらかというとポールが歌ったほうがいいんじゃないかと思う曲なのですが…。Every Little Thingは、一時シングル候補にもされた曲らしいのですが、もしそうなったらヴォーカルはポールだったかもしれませんね。

うぉーらす
うぉーらす

例外曲の2曲目は理由不明な

Every Little Thingです。

 

作者論争に統計学が決着をつけた? In My Life

In My Lifeは、1965年リリースのアルバム『ラバーソウル』に収録されている曲です。そのメロディと歌詞の美しさからビートルズの中期の代表曲として扱われることもあります。バロッグ音楽風の間奏も素敵です。

In My Lifeに関しては昔から作者論争があります。おおかたのファンはジョンレノン作だと思っており、私もそうだと思っているのですが…

ポールマッカートニー様が「俺が作曲した!」

と、言っておりますゆえに話がややこしくなっています。もし本当にポールが作ったのであれば、この曲もビートルズの暗黙のルールを破っている例外曲となります。それ以上に、ポールが作った名曲をジョンが歌うというビートルズファン垂涎のエピソードを持つ曲となります。

考えるだけで魅力的ですね。ジョンとポールのどっちが作ったか?これをあれこれ議論するのが、面白いところなのです。

ただ、現代科学は余計なことしてくれました。2018年にハーバード大学の統計学の准教授とダルハウジー大学の数学教授の共同研究によって、「In My Lifeはジョンの作品だ」と結論づけられたようです。ポールが作者である可能性は0.18%なんですって。うるせー。

 

ジョンとポールのライバル関係が生み出したビートルズの名曲

「自分の曲は自分で歌う!」という暗黙のルールをしいていたビートルズ。このルールの存在からジョンとポールのライバル関係がうかがえます。この関係がビートルズを一層強固なものにしているのは間違いありません。

ローリングストーンズやビーチボーイズといった外のライバルよりも内側のライバルに目を向けているあたりが非常にビートルズっぽいです。外より内側に強大なライバルがいたバンドは世界でビートルズだけでしょう。

ここではその暗黙のルールから外れている曲を紹介いたしました。

  • A Hard Day's Night
  • Every Little Thing
  • In My Life

なぜ、これらの曲は例外になれたのでしょうか。そこを考え、議論しあうのが楽しいのです。ビートルズの話題は尽きません。ぜひ、今回紹介した曲を聞いてみてください。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました