アルバム『ビートルズフォーセール』の強みはどこか?カバー曲から考える

1962年-1965年(初期)

ビートルズの4枚目の『ビートルズフォーセール』って地味なアルバムだと思っていませんか?かく言う私も平成の時代まではそう思っていました。令和元年、地味だと思っていた過去は過ちであったことを悟り、ここに魅力を紹介することとします。

まず、詩作面でビートルズ史的に極めて重要なアルバムです。特にジョンレノン方面です。ボブディランの影響や後に見せる内省的な歌詞はこのアルバムが起点となっています。

ただ、ビートルズ史的に重要であると言われても、歴史に興味がない人には地味なイメージが払拭できないと思います。ここでは、単純にいい曲、魅力的な曲を紹介します。

収録されているレノンマッカートニー作の曲は以下記事で紹介していますので、ここではカバー曲を紹介したいと思います。

ビートルズの人気が膨れ上がり、最も多忙な時期にリリースされた作品。他の作品に比べるとやや地味な感じがしますが、個人的にはターニングポイントとなった作品だと思っています。

 

スポンサーリンク

ヴォーカリストとしてのジョンレノンが聞ける『ビートルズフォーセール』

アルバム『ビートルズフォーセール』は1964年12月にイギリスでリリースされました。ビートルズ人気絶頂のころの超多忙期に制作されたアルバムで、『A Hard Day’s Night』ではなかったカバー曲も収録されています。

【収録曲】
01.No Reply
02.I'm a Loser
03.Baby's in Black
04.Rock and Roll Music
05.I'll Follow the Sun
06.Mr.Moonlight
07.Kansas City/Hey,Hey,Hey,Hey
08.Eight Days a Week
09.Words of Love
10.Honey Don't
11.Every Little Thing
12.I Don't Want to Spoil the Party
13.What You're Doing
12.Everybody's Trying to Be My Baby

ごらんの通り、オリジナル9曲とカバー5曲で構成されています。有名曲と言えば、ベストアルバム『ビートルズ1』にも収録されているEight Days a Weekくらいでしょうか。そういう意味では確かに他のアルバムよりも地味な感じがします。

ただ、有名曲が少ないというだけで地味扱いするのは判断が早すぎます。実はこのアルバム、カバー曲がとてもGOODなのです。そこに注目するとこのアルバムの別の顔が見えてきます。

Rock and Roll Music ジョンが敬愛するチャックベリーの名曲をカバー

Rock and Roll Musicです。オリジナルは1957年にリリースされたチャックベリーの曲です。タイトル通り、これぞロックンロールという曲。ビートルズカバーバージョンはジョンレノンが歌っています。

ちなみに1966年の日本公演の1曲目として披露されており、日本ではシングル盤としてもリリースされています。

それにしてもジョンレノンはチャックベリーのことが大好きです。『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』含め、公式に発表しているチェックベリーカバーは多数あります。そのほとんどの曲でジョンがヴォーカルをとっています。

Roll Over Beethoven(vo.ジョージハリソン) 『ウィズザビートルズ』
Rock and Roll Music(vo.ジョンレノン) 『ビートルズフォーセール』
Too Much Monkey Business(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC』
Carol(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC』
Johnny B. Goode(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC』
Memphis, Tennessee(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC』
Sweet Little Sixteen(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC』
I Got To Find My Baby(vo.ジョンレノン) 『ライブ・アット・BBC2』

後にジョンは、「ロックンロールに別名を与えるとすると"チャックベリー"だ」と独特の表現でチャックベリーを称賛しています。好きだったんですね。

Mr.Moonlight この曲でも冴えわたるビートルズのコーラスワーク

この曲『Mr.Moonlight』もビートルズがカバーした曲として有名です。オリジナルはドクター・フィールグッド&ジ・インターンズの曲だそうです。しかも1962年リリースと意外と近い時期に発表されています。

この曲の聞きどころは2点。

ジョンレノンのヴォーカルです。この曲でジョンはヴォーカリストとちしての名声を上げました。ジョンよりも歌がうまいミュージシャンは数多くいますが、彼独特のカリスマ性を秘めた声はちょっと真似できませんよね。この曲の冒頭が良い例かと。

ちなみにビートルズの人気を解き明かす研究の一環として、大衆を酔わせるジョンの声に注目した研究があったそうです。読んだことないけど。

そしてビートルズ得意のコーラスワークも素晴らしい。この曲はポールマッカートニーがコーラスを付けているのだと思うのですが、ドンピシャですね。どうしてこの二人の声はこんなにも合うのでしょうか。

『ビートルズフォーセール』はジョンレノンが奮闘しているアルバム

ポールもジョージ&リンゴも歌ってはいますが、やはり『ビートルズフォーセール』の主役はジョンレノンでしょう。

ここで紹介したカバー曲もそうですが、オリジナルのNo Reply、I'm a Loser、Baby's in Black、I Don't Want to Spoil the Partyといった曲もジョンがほとんど作っています。一方のポールですが、ジョンと比較するとこのアルバムへの貢献度はやや低めかなと思います。

やはりこの時期、ビートルズ内で圧倒的リーダーとして力を持っていたのがジョンレノンだったのでしょう。前作『A Hard Day’s Night』から続き、ジョンの奮闘が目立つ作品です。

楽曲面では紹介した通りです。オリジナルはもちろんですが、カバーも非常に魅力的な曲が収録されています。特にここであげたカバー2曲は日本でも有名なので、耳馴染みがあるのではないかと思います(Mr.Moonlightは来日ドキュメンタリーで使用されました)。

地味?

そんなわけないですね。これほどの曲が収録されていて地味なら、世界中のアルバムはほとんど地味な作品になってしまいます。

ビートルズの人気が膨れ上がり、最も多忙な時期にリリースされた作品。他の作品に比べるとやや地味な感じがしますが、個人的にはターニングポイントとなった作品だと思っています。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました