【ビートルズのルーツ】ジョンとポールのロックンロール・カバーアルバム

カバーアルバム

「ビートルズ(The Beatles)しか聞かないもんね」と、原理主義にはしる人もいますが、多くの人はビートルズ好きが高じると、ルーツを探ったりフォロワーを発見したりするようになります。

ルーツを探るというのは、ビートルズのメンバーが10代だったころの1950年代のロックンロールをさかのぼって聞くことです。エルヴィス・プレスリーやバディ・ホリー、チャックベリーなんかですね。フォロワーというのは、ビートルズから多大な影響を受けたミュージシャンのこと。オアシスなんかが分かりやすいですね。

かく言う私はどっちの道を歩んでいるかというと、ルーツを探るほうです。しっかりと学生時代にオアシスなんかも聞いていましたが、ハッと気づけばルーツを探訪しておりました。

理由は、なんだかいい雰囲気だからです。1950年代のロックンロールっていい感じで時代を感じれるんです。BGMにしておくだけでタイムスリップできます。

ということで、今回はビートルズのルーツを探るロックンロールなアルバムの紹介です。なんとも都合がいいことに、ジョンレノン(John Lennon)とポールマッカートニー(Paul McCartney)、本人たちが自身のルーツであるロックンロールをカバーしている作品がありますので、そちらをざくっと紹介いたします。

スポンサーリンク

ジョンレノン 『Rock 'n' Roll(ロックンロール)』


Stand By Me

まずは、ジョンレノンの『Rock 'n' Roll(ロックンロール)』です。1975年にリリースしたジョンのソロ作品です。制作からリリースまで、すったもんだあった作品。

当初プロデューサーだったフィル・スペクターがマスターテープを持ち逃げした時にはどうなるものかと思ったものです。まだ生まれてませんでしたけど。

リリースしてくれて本当に良かった。

収録曲も渋いですね。一番の有名どころは、Stand By Meでしょうか。オリジナルのベン・E・キングのバージョンもしびれますが、ビートルズっ子の私はこっちのジョンの声のバージョンのほうが好きです。

まあ、好みは分かれますが、どちらも一聴の価値ありです。

You Can't Catch Me

それからチャックベリーのYou Can't Catch Meも収録されていますね。というか、この曲をレコードでリリースするために、『Rock 'n' Roll(ロックンロール)』は作られたのかもしれませんね。

チャックベリー側がCome Togetherがこの曲に似ていることから、盗作として訴訟しないかわりにジョンにカバーすることを求めたらしいです。うーん、そういえば似てるかも。

当のジョンはこの件について深く考えていないようで、「いいものはパクれ!」と言っていたとか。出典は思い出せません。違っていたらすみません。でも、このくらいのスタンスじゃないとロックンローラーじゃないですね。

ということで、Come TogetherとYou Can't Catch Meを聞き比べるのもいいかもしれません。他にもBe-Bop-A-Lula、Ain't That A Shame、Sweet Little Sixteenといったしびれる名曲をジョンレノンがカバーしてくれています。

ジョンレノン、おすすめのカバーアルバム『Rock 'n' Roll(ロックンロール)』でした。

ポールマッカートニー 『Run Devil Run(ラン デヴィル ラン)』


Run Devil Run
次は、ポールマッカートニーのロックンロールカバーアルバムです。その名も『Run Devil Run(ラン デヴィル ラン)』。リリースは1999年なので、ポールが57歳のころの作品です。

絶えることなく新作を世に送り出してきた天才ポールマッカートニーが、自身のルーツを振り返った作品。私は、この作品が圧倒的に好きです。

1950年代の雰囲気を残しつつも、現代風にアレンジされていると言いましょうか。時代も感じれるし、非常に聞きやすくもある。また、いわゆる王道的な曲もありますが、少しマニアックな曲も収録されている点がGoodですね。

そして、どさくさに紛れて新曲を3曲も放り込んでいるのがポールらしいです。新曲なんだけどどこか懐かしい。タイトル曲のRun Devil Runなんて'50年代のどこのミュージシャンが歌っているの?って調べようもんなら、ポールによる堂々たる新曲だったりします。

これがまた良いんです。

たぶん、ポールは活躍の時代が1950年代であっても名前を残しているでしょう。何をやっても一流なんです。凄い!ちなみに新曲はRun Devil Runの他、Try Not to Cry、What It Isです。

All Shook Up

アルバムの3曲目がこの曲、All Shook Upです。これはポール作曲の作品じゃなくカバー曲。オリジナルは、あのエルヴィス・プレスリーです。ビートルズのメンバー全員が憧れたロックンロールのキングです。

まあまあのアレンジがほどこされて収録されていますが、肝心かなめの50年代感は残っています。この辺の匙加減(さじかげん)の上手さはポールならではでしょうか。一段とハードなロックンロールに仕上がっています。

曲もさることながら注目はポールの声です。とても57歳(当時)の人の声じゃない。若さがあふれています。ポール自身、若いころに聞いて作品だから気合いが入っていたのかな。

ちなみにこのアルバムにはキング・エルヴィスの曲が3曲も収録されています。やはり彼のビートルズへの影響度はかなり大きいようです。

Lonesome Town

勉強不足で申し訳ございません。よく知らない曲なのですが、とてもいい曲なので紹介いたします。オリジナルは、リッキー・ネルソンという方で、1959年にリリースされている曲のようです。

これもポールのオリジナル?と思ってしまうほど、曲とポールの声がマッチしています。曲調は、ロックンロールというよりもスローバラードです。なんかムーディーで、1950年代の曲にありそうで、時代を感じられる名曲です。

一聴の価値あり、ぜひ聞いてみてください。

ビートルズのルーツの探り方はいろいろ

以上、ジョンとポールによるロックンロールカバーアルバムの紹介でした。ここで紹介した収録曲以外にも名曲がたくさん入っていますので、ぜひ聞いてみてください。

最後に、ビートルズのルーツ探訪のやり方はいろいろとあると思います。今回のようにビートルズのメンバー本人が歌うルーツなロックンロールを聞くのもありだと思います。『アンソロジー 1』でもちょっと聞けますし、『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』ならしっかりと聞くことができます。

そしてもちろんオリジナルを聞くのもありです。おすすめはやっぱり、キング・エルヴィスとバディ・ホリー、チャックベリーといったところでしょうか。

ビートルズって結構マニアックなところをルーツにもっていたりするので、これはこれで十分に楽しめるようになっています。

以上、【ビートルズのルーツ】ジョンとポールのロックンロール・カバーアルバムでした。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました