【ビートルズに欠かせない存在】リンゴスターが歌うおすすめ3曲

ビートルズの曲

前々からかんじていることなのですが、ビートルズ(The Beatles)のメンバーってリンゴスター(Ringo Starr)に優しい気がしませんか。初期のころはもちろんだけど、人間関係がギスギスしていた後期もリンゴにはみんな優しく接しているような気がします。

ビートルズ嫌いを公言している人であっても、リンゴのことを悪く言う人を見たことがありません。人柄なのでしょうか。愛されキャラであることは間違いないと思います。

でも、リンゴスターって、

  • 歌もあんまり上手くないんだよねー
  • 「曲作りは苦手」って自分でいっている…

ジョンレノン(John Lennon)、ポールマッカートニー(Paul McCartney)、ジョージハリスン(George Harrison)といった化け物クラスの才能が集うバンドの中で、ある意味異彩を放っています。

でも、リンゴは間違いなくジョンからもポールからもジョージからも必要とされていました。不思議な存在なのです。今回はそんな不思議なリンゴが歌うビートルズの名曲3選です。

スポンサーリンク

ジョンとポールからの贈り物 I Wanna Be Your Man

さっきも書きましたがリンゴは本当に作曲が苦手だったようです。「がんばって曲を作ったら、だいたいその時のヒット曲が出来上がるんだ」とジョークも発しているほどです。

しかも歌もあんまり得意ではないとくると、なぜ無理して歌うの?という疑問がわきます。でも、これはビートルズの戦略のひとつ。

よっぽどのことがない限り、メンバーはアルバムで1曲以上ボーカルをとることになっていたのです。それぞれのファンのため?だったのかな。

I Wanna Be Your Manはそんな彼にジョンとポールが作った曲です。

いや、ザ・ローリング・ストーンズのために作った曲をリンゴが歌ったというのが正確なところでしょう。とにもかくにもビートルズの2作目のオリジナルアルバム『With The Beatles』に収録されているシンプルなロックンロールナンバーです。

この曲、歌詞が本当にシンプル。歌詞の大半が I Wanna Be Your~で占められています。そしてもうひとつ特徴的なのは、ジョンとポールがコーラスでも貢献していること。サビの部分なんてほとんど二人の声しか聞こえません。

怪物二人がリンゴを助けている様子を想像すると、なんだかほっこりきます。

ちなみに『With The Beatles』でリンゴはLittle Child(ジョン作)を歌う予定だったそうです。それがどういうめぐりあわせか、I Wanna Be Your Manになり、結局Little Childはジョンが歌うことになったそうです。

ほー、と思ってしまうエピソードですが、見逃してはいけない疑問がここにはあります。

リンゴはアルバムで2曲歌っちゃダメなの?

21週連続1位という記録を作った2ndアルバム。1stアルバムと合わせると51週連続1位!!イギリスでは、ほぼ一年間ビートルズが1位とい異次元の記録を作っています。冒頭の3曲で心をわしづかみにされます。All My Lovingを聞いたら間違いなくファンになります。カバー曲も名作ぞろい!

ちょっとどころじゃない With A Little Help From My Friends

2曲目は、ロックアルバムの金字塔『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』からWith A Little Help From My Friendsです。Yellow Submarineに次ぐリンゴの代表曲じゃないでしょうか。

作曲したのはリンゴではなく、ポールマッカートニーです。この曲もコーラスでジョンとポールが大きく貢献しています。曲の2番の部分を聞いてみてください。掛け合いコーラスになっていますが、リンゴが歌う部分よりも、ずいぶんと多くジョンとポールが歌っています。

それこそ、ちょっとどころじゃないHelpを二人から得ています。

I Wanna Be Your Manのコーラスもそうでしたが、リンゴが歌うとなるとジョンもポールも飛んできて助けようとします。これはいったい何なんでしょうか。不思議ですね。ジョージの作品だとそんなことないのに。

リンゴが積極的にヘルプをだしている…?うーん、考えにくい。

ロック史上初コンセプトアルバムでビートルズの最高傑作と言われている作品。最後の曲のA Day in the Life は聞き逃さないでください。このA Day in the Lifeだけでもこのアルバムを聞く価値があります。後世に残した影響は計り知れず、生み出したフォロワーも数知れず。このアルバムがなければロックが今の地位は築けていなかったと思います。

『Abbey Road』で唯一くつろげる曲 Octopus's Garden

最後の3曲目は『Abbey Road(アビーロード)』収録のリンゴの自作曲Octopus's Gardenです。3曲目の自作作品です。ちなみに1曲目はWhat’s Goes On、2曲目がDon't Pass Me Byです。

リンゴが歌うビートルズソングの中で、私はこの曲が一番好きです。

だって普通にいい曲ですもん。加えて『Abbey Road』という円熟の極みのような、付け入るスキがないアルバムにあって、ほっと一息できる曲だからというのも理由のひとつです。

『Abbey Road』をよーく聞いてみてください。解散を意識して作られた作品の中にあって、唯一メンバー全員が積極的に協力している曲(だと思います)。

それが如実にサウンドに現れています。ジョージのギターもすごくいい!コーラスワークなんて最高です。せっかくリンゴが作った曲なんだから、すったもんだあるけど、協力しよう!ジョン、ポール、ジョージのそんな気概を感じます。

私だけでしょうか?

全英で17週連続、全米では11週連続1位となるなど世界的な大ヒットを記録したモンスターアルバム。Disc 2とDisc 3にはポール・マッカートニーが他アーティストにプレゼントした「グッドバイ」「カム・アンド・ゲット・イット」を収録。他にも未発表曲が多数収録!!Her Majestyがメドレーに組み込まれている!?あの曲、メドレーの一部だったの!?気になりませんか?

まとめ リンゴはやっぱりビートルズに欠かせない

以上、リンゴが歌うビートルズの名曲を3曲紹介してきました。あえてYellow Submarineは選外としていおります。だって、知らない人いないんじゃないかってくらい有名ですからね。いまさら取り上げるまでもないかと。

それにしてもリンゴスターはやっぱりすごい。

ジョンとポール、ジョージというレジェンドが、リンゴのためならばと人肌ぬいでいるわけです。そんなことができるのは、確実にこの地球上でリンゴだけです。

リンゴのために!

というリンゴ愛がヒシヒシと伝わってくる名曲を紹介しました。そういえば2019年にジョンレノン公式インスタグラムが公開した1976年くらいの手紙が話題になりました。

その内容は、一言で表すと?

リンゴと書かれた箇所にジョン答えています。

Friend …涙です。

ちなみに、ジョージは「lost(失われた)」でポールは「extraordinary(驚くほどの)」と書かれていました。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました