ビートルズ流 名曲の作り方 別々の曲を合体させて出来上がった3つの名曲を紹介

ジョンレノン

突然ですが、ビートルズの曲のどこがすごいの?と、ふと思ったことはありませんか。たくさん曲を聞いていれば、「いい曲が多いな」と感じるのですが、

  • メロディがいいのはわかってる
  • ノリノリな曲があるのも知っている
  • 声がいいのも聞けばわかる

でも、具体的に何がすごいのかは、いまいちわからない。そんな人のために今回は、ビートルズの曲のすごさを感じられるちょっと変わった曲を紹介します。

何が変わっているのか?それは曲の作り方です。

ビートルズには別々に作った曲を合体させ、1曲として仕上げている曲があります。普通では考えられませんよね。普通じゃないから我々聞き手にとっても新鮮な体験となり、すごい!」が体感でき…と、まあ、とにかく別々の曲をハイブリッドして作られた名曲を3曲ご紹介します。

すごい!」を体感してください。

スポンサーリンク

A Day in the Life サイケデリックムーブメントの集大成的作品

ロックの金字塔として知られるビートルズのアルバム『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』のラストを飾る大名曲です。もともとジョンが作っていた曲に、ポールが作っていたまったく別の曲をオーケストラで繋いで1曲として完成させたのがこの曲です。

文字にしてみると、なんて強引な…という感じがしますが、聞けばこの曲のすごさと良さ、壮大さを感じることができます。

完全にポピュラーミュージックを超えています。

クラッシック音楽界のレナードバーンスタインはビートルズを「20世紀最高の作曲家だ」と称えましたが、それはこのA Day in the Lifeにて証明されたのではないかと思います。

うぉーらす

作った人が歌うビートルズルールは健在です。

ぐーじゅぶ

ジョン~ポール~ジョンの順に歌ってるよ。

不安を限りなくあおってくる曲調にくらべ、ジョンのヴォーカルはどことなく気が抜けた感じがします。このミスマッチ感がより不安をかきたてます。今にも爆発しそうな火山のマグマが足元でモゴモゴ鳴っている感じです。この曲のメロディ、サウンド、ヴォーカルのすべてにビートルズの秘められた狂気を感じるのは私だけではないはずです。ぜひ一聴を!

Happiness Is a Warm Gun 退廃的なグルーヴが心地よい作品

Happiness Is a Warm Gunは、アルバム『ビートルズ』、通称ホワイトアルバムに収録されているジョンの作品です。この曲は、3つの曲をつなぎ合わせて出来上がったものです。ちなみに3曲ともジョンの作品です。

最初にHappiness Is a Warm Gunを耳にしたときは、その構成に驚き、「何だこれ?変なの」と思いましたが、二度三度と聞くうちにすっかりとりこになってしまいました。特に中間部分の"Mother Superior jump the gun"が繰り返し歌われる部分は、とてもグルーヴィでハマります。

ジョン曰く「ドラッグソングではない」らしいのですが、ドラッグなしでもトリップできる退廃的にしてグルーヴィな曲です。歌詞が卑猥だとのことで、アメリカで放送禁止になった曲ですが、根強いファンを持つ曲の一つです。

うぉーらす

ポールの曲みたいな分かりやすさはないけど、

ジョンの曲は不思議な魅力を持っているね。

アビーロードメドレー 泣く子も黙って耳を傾ける最強メドレー

最後はあの横断歩道のアルバムから。史上最高のメドレーを紹介します。正確にはメドレーなので1曲ではないのですが、1曲ずつバラバラに聞く人はあんまりいないだろうということで選びました。

メドレーってベテラン歌手がテレビ番組でやるやつじゃないの?

そう思われた人も多いと思います。そうなんです。それをビートルズはアルバムでやってしまっていいるのです。ポールのアイデアらしいです。やはり天才、アイデアも人並み外れている。

通常アビーロードメドレーとは、You Never Give Me Your MoneyからThe Endまでの8曲を指します。完成に至らなかった曲をつなぎ合わせて作られているらしいのですが、聞けばそのクオリティに圧倒されます。

ロックの専門誌ローリングストーン誌はこのメドレーを「『サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド』に匹敵する」と評しているのも頷けます。

『アビーロード』はビートルズの事実上のラストアルバムです。ラストアルバムでなお、メドレーという聴衆の度肝を抜く仕掛けを仕込んでくるあたりが実にビートルズっぽいです。ぜひ、一聴を!

それにしても最後のアルバムの最後の曲がThe Endってすごいですよね。

まとめ いろいろな角度から度肝を抜いてくるビートルズ

ちょっと変わったビートルズの名曲を3つ紹介してきました。J-POPに耳がなれていた私にとっては、これらビートルズの曲は新鮮そのものでした。

当時よく聞いていたJ-POPのほうが時代的に完全に新しいのですが、ビートルズの音楽のほうが数倍新しいものに聞こえました。そこに気づいたとき、ビートルズってすごい!とすなおに思いました。

A Day in the Life
Happiness Is Warm Gun
アビーロードメドレー

新しい体験をもたらしてくれるのは、これらの曲だけではありません。ビートルズを聞くと、いまだに新しい発見があります。そして新しい体験ができます。そこがひとつビートルズの人気の秘密なのかもしれません。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました