ビートルズの最高傑作アルバム『サージェントペッパーズ』はジョンレノンのアルバム!?

1965年-1967年(中期)

ビートルズ(The Beatles)の中で好きなアルバムと聞かれれば『リボルバー』と答えますが、最高傑作を聞かれると迷うことなく『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』と答えます。

『サージェント~』が後世に残した影響は計り知れず、生み出したフォロワーも数知れずです。やっぱり、このアルバムがなければロックが今の地位は築けなかったと思うのですね。

そんな『サージェント~』を改めて拝聴。ふと、あることに気づきました。

『サージェント~』はジョンレノン(John Lennon)のアルバムなんじゃないかと。

収録の13曲中8曲がポールマッカートニー(Paul McCartney)によるものなので、ポール色の強いアルバムと言われますが、ジョンの曲こそがこのアルバムの全体的な雰囲気をかもし出しているのではないかと、そう思ってしまったのです。

さて、どんなところから感じたのか…

スポンサーリンク

音で色彩を感じさせる名曲 Lucy in the Sky with Diamonds

『サージェント~』に収録されているジョンによる楽曲は3曲です。Lucy in the Sky with Diamonds、略してLSDはそのうちの一曲。サイケデリック色満載の楽曲です。

『リボルバー』で片鱗を見せたサイケデリック感をこの曲はさらに進化させています。うまく表現できませんが、音で色を感じさせます。しかも極彩色。

また略すと幻覚剤のLSDになるところもサイケの片棒をかついでいます。ジョンはたまたまだと言っていますが、どうにも怪しい。ビートルズはそのくらいのイタズラはさらりとやってしまいます。

1960年代中頃の雰囲気をムンムンと漂わせる曲です。アルバム『サージェント~』に漂うサイケデリック感はこの曲の強烈な印象から発していることは間違いないでしょう。

『サージェント~』のサイケデリックはジョンなのです。

アルバムのイメージと合致する曲 Being For The Benefit Of Mr. Kite!

ジョンがサーカスのポスターを題材にして書き上げた曲です。私の中では『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』の中で最も『サージェント~』っぽい曲。

楽しい曲調なのに幻覚的な感じがしませんか?その雰囲気と感じはまさにサーカスそのもの。このころのビートルズは音で音以外のものを表現しています。

録音したテープを小さく細切れにしてランダムにつなぎ合わせて完成させたというレコーディング過程も面白くビートルズっぽい。

やっぱりこの曲も、ものすごくサイケデリックです。その仕上がりは、I am the Walrusなどのサイケデリックソングに匹敵すると思っています。

この点、通常版よりも『ビートルズアンソロジー2』に収録されているTake7を聞いてもらったほうが分かりやすいです。私は隠れたサイケデリックソングと呼んでいます。

『サージェント~』のサイケデリックはジョンなのです。

ちなみにこの曲をポールが最近のツアーで演奏してくれました(2013年、2015年、2017年、2018年)。これには興奮しました。

ポールとの共作だけど…なんだかジョン A Day in the Life

『サージェント~』で忘れてはいけないのがこの曲、A Day in the Lifeです。ジョンの作ったパートとポールが作ったパートを合体させた曲で、正確にはジョンとポールの共作なのですが、歌っているパートが多いからか、ジョンのイメージが私にはあります。

歌詞、曲の雰囲気、間奏とエンディング…、すべてが完璧です。完璧なるサイケデリックソング。この曲によって『サージェント~』の評価が決定づけられているんじゃないかと思っています。

最初に聞いたとき、普通にメロディが良い曲なので、

  • なんでこんな間奏いれたかなー
  • フツーでいいのになー
  • エンディング、うるせーなー

などと、罰当たりなことを思っていました。当然、昔の過ちを恥じています。今では、ビートルズの最高傑作だと思っています。

だってこの曲を聞くだけで、1960年代のあのトリップした時代にタイムスリップできるのですから。しかも古臭くなく、いつ聞いても新鮮というのが摩訶不思議です。

この曲、共作だけど、私的にはジョンなので…、やっぱり『サージェント~』のサイケデリックはジョンなのです。

ということで以上が『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』の代表的サイケデリックソングです。ジョージハリソン作のWithin You Without Youもサイケ感ありますが、どっちかというとラーガ、インドよりです。

『サージェント~』がは中期のサイケデリックアルバムと評されます。だとしたら、ここにあげた3曲が強烈に印象付けていることは間違いないです。

ということは、『サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンド』の骨組みを作っているのは、これら3曲の作曲者であるジョンレノンである!と言えませんかね。

ロック史上初コンセプトアルバムでビートルズの最高傑作と言われている作品。最後の曲のA Day in the Life は聞き逃さないでください。このA Day in the Lifeだけでもこのアルバムを聞く価値があります。

 

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました