ビートルズの曲名で2番目に長いのはどの曲?1番目はEverybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey

ジョンレノン

2021年の年明け、"「史上最も人気のあるロックバンド」ビートルズに次ぐ2位に選ばれたのは?"という記事を見ました。米ウォール・ストリート・ジャーナルが2018年に実施した調査(調査結果はこちら)をもとにした記事のようで、2位に輝いていたのは、レッド・ツェッペリンとことでした。

最初は、「ほー、ツェッペリンですか」なんて無邪気に読んでいたのですが、なんか違和感を感じたんですね。あれ、待てよ…。普通記事として伏せるのって1位じゃね?と…。

でも、この記事は2位のツェッペリンが伏せられていました。なぜ、こんな記事になったのかと考えてみました。たぶんですが、1位は誰もが予想できる結果だからじゃないかと思うんですね。

「1位はビートルズである。それはもう分かってる。じゃあ2番目は誰なんだい!?」という感じでしょうか。なかなか攻めた記事です。

確かに2位は気になりますね。ここでふと思いました。ビートルズの曲で1番長いタイトルがEverybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkeyであることは有名ですが、じゃあ、2番目に長いタイトルは何なんだい?です。

ということで、今回は、ビートルズのながーい曲名を2位、3位、4位と紹介いたします。それでは、第4位からの発表です。動画もあります!こちらからどうぞ!

スポンサーリンク

第4位 The Continuing Story of Bungalow Bill[32文字]

なお、今回のランキングでは、[./’/()」を除いて文字数を数えています。副題の文字数もカウントします。

そんなこんなで第4位は32文字で、The Continuing Story of Bungalow Billです。ビートルズの9作目のオリジナルアルバム『The Beatles』(通称:ホワイトアルバム)に収録されているジョンレノン作の曲です。

インドで瞑想中に書かれた作品で、歌詞には、象や虎といった動物が登場します。でも、登場してくるものの中で一番驚くのが、ヨーコオノです。歌詞に出てくるというわけではないのですが、突然ボーカルとして登場します。歌っているのはごく短いフレーズですが、結構インパクトが大きいです。初めて聞く方は、驚くとおもいます。

別に、象さんや虎、オノヨーコが出てくるからってタイトルが長いわけではないのですが、とにかく、長いタイトルです。32文字もあります。これでもまだ4位です。3位と2位はいったい何文字なんだ??気になってきましたね。ちなみに1位のモンキーは47文字です。続いて第3位です。

第3位 She Came in through the Bathroom Window[33文字]

第3位は33文字という長さで、She Came in through the Bathroom Windowでした。4位のThe Continuing Story of Bungalow Billとは1文字差。からくも3位の称号をえました。そんなShe Came in through the Bathroom Windowはビートルズの名作『Abbey Road』に収録されているポールマッカートニーの作品です。

あの有名な、B面のアビーロードメドレーの一角を担う曲で、やはり重要な曲です。この曲、直訳すると、『彼女が風呂場の窓から入ってきた』です。ファンがポールの家に忍び込んだエピソードがもとになっているというのが定説ですが、昔はオノヨーコをほんのりと非難している説もありました。たぶん定説どおりのファン説が正しいのだと思いますが、解散前のゴタゴタしている時期に、こんな思わせぶりな歌詞を書いちゃうと、かんぐっちゃいますよね。

まあ、オノヨーコ説とは無関係に、やっぱりこの曲のタイトルは長いですね。33文字の文章ですもん。ということで3位は33文字のShe Came in through the Bathroom Windowでした。さあ、ラストの2位は、どーんと文字数が増えて37文字です。

第2位 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)[37文字]

栄えある第2位は37文字で、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)です。言わずとしれた名作アルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』のエンディングナンバー、アンコール曲のA Day in the Lifeへとつながる重要な曲です。

もと歌のSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandでも既に長いのに、そこに副題のRepriseが追加されています。そりゃ長くなりますわな。もと歌のほうのタイトルが長いのは、1960年代中期、長めのバンド名が流行っていたそうで、作者であるポールマッカートニーが架空のバンド名を考案する際に、この流行りにのっかったのでしょう。

そんな長いタイトルにさらにRepriseがくっ付いています。やや反則気味ですが、37文字で栄えある第2位はSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)でした。ちなみに本家のSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandは30文字で第5位という結果でした。

まとめ Monkeyは圧倒的な長さ

今回は、タイトルが長いビートルズの曲をランキング形式で紹介してきました。ここで、これまでの結果をまとめておきましょう。詳細は記載していませんが、5位までのランキングを紹介します。

1位 Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey[47文字]
2位 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)[37文字]
3位 She Came in through the Bathroom Window[33文字]
4位 The Continuing Story of Bungalow Bill[32文字]
5位 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band[ 30文字]

こうしてみると、やはり中後期の曲のタイトルが長いようですね。タイトルにもこだわりがあったのだと思います。それにしてもMonkeyです。47文字とこの曲だけ40文字台の後半です。やっぱり圧倒的な長さです。ただ、曲自体の長さは2分24秒とそんなに長くないようです。いや、むしろ短い部類に入ります。

以上、ビートルズの曲名、2番目に長いのはどれだ??でした。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました