【最速でわかる!】ビートルズ・ヒストリーまるわかり年表

ビートルズの歴史

「世代を超えたポップカルチャーの象徴、現代でもビートルズの存在は大きい」

2019年に日本で公開された映画『イエスタデイ』の監督、ダニーボイルはどこかのインタビューでそう語っていました。異論はございません。

ビートルズ(The Beatles)をググると膨大な情報があふれかえっています。存在が大きすぎるがゆえでしょうか。大量の情報はありがたいのですが、これだと知りたいことをサクッと調べられません。

なので、超簡単なビートルズの歴史年表を作りました。少しでも情報整理のお役に立てればと思っています。

映画『イエスタデイ』に興味がある方はこちらから

スポンサーリンク

超簡単!ビートルズのヒストリーがまるわかりする年表

ビートルズの歴史のダイジェスト版年表です。簡単にざっくり分かればそれでいい!という方におすすめ。省略できるところはできるだけ省略しています。

コンサートに映画にTVに大忙しの初期ビートルズ
  • 1957年 ジョンレノンがクオリーメン(ビートルズの前身バンド)を結成
  • 1957年 7月6日 ジョンレノンとポールマッカートニーが出会う
  • 1960年 6月 バンド名をビートルズに変更
  • 1960年~1961年くらいまで ドイツ・ハンブルグへ何度かいく

ここまでがデビュー前です。本当はデビューまでにいろいろあるのですが、いろいろ省略して進めます。次からはデビュー後の年表です。さらっといきます。

  • 1962年 10月5日 シングル Love Me Do でデビュー
  • 1963年 3月 1stアルバム『プリーズプリーズミー』リリース
  • 1963年 11月 2ndアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』リリース

この時点ですでにイギリスを含むヨーロッパで大人気に。いよいよ準備は整いました。次からは世界中を征服していきます。

  • 1964年 1月 5thシングル I Want to Hold Your HandがアメリカでNo.1に!
  • 1964年 2月 アメリカの人気番組『エドサリバンショウ』に出演(視聴率72%を記録)
  • 1964年 4月 ビルボード誌のチャートでトップ 5 を独占
  • 1964年 7月 主演映画『アハードデイズナイト』が公開
  • 1964年 7月 3rdアルバム『アハードデイズナイト』リリース
  • 1964年  12月 4thアルバム『ビートルズフォーセール』リリース

世界中にビートルズ旋風が吹き荒れます。ビートルズの熱狂的なファンを称する"ビートルマニア"という言葉がつくられたのもこのころ。サッカーで言うところのフーリガンみたいなものです。

  • 1965年 7月 主演映画『ヘルプ!』公開
  • 1965年 7月 5thアルバム『ヘルプ!』リリース
  • 1965年 10月 イギリスの勲章M.B.Eを叙勲

熱狂的な人気に疲弊しはじめたビートルズ。HELP!は心の叫びでした。観客の前での演奏に飽きてきたビートルズはレコーディングスタジオにこもりはじめます。

ロック史に残る名作アルバムを量産した中期ビートルズ
  • 1965年  12月 6thアルバム『ラバーソウル』リリース
  • 1966年 1月~4月 さすがに休憩
  • 1966年 6月 来日公演(日本滞在時間だいたい100時間)
  • 1966年 8月 7thアルバム『リボルバー』リリース
  • 1966年 8月 コンサート活動をやめる( 詳しい理由はこちら

観衆の前で演奏することをやめてしまったビートルズは表現の場を完全にレコードに移します。『ラバーソウル』あたりから始められた実験的試みがこのころに開花します。

  • 1967年 6月 8thアルバム『サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド』リリース
  • 1967年  12月 『マジカルミステリーツアー』リリース

1960年代のヒッピームーブメントやサイケデリックムーブメントに合わせ、作風も豪華絢爛なものに変化していきます。特に7thの『サージェント~』は、ロックをアートに昇華させた作品として非常に高い評価をされています( 詳しくはこちら)。

ついに横断歩道のアルバムが完成した後期ビートルズ
  • 1968年 2月 瞑想のためインドへ
  • 1968年 7月 アニメーション映画『イエローサブマリン』公開
  • 1968年  11月 9thアルバム『ザ・ビートルズ』リリース

『ザ・ビートルズ(通称:ホワイトアルバム)』はアルバムとしての評価は高いものの、制作過程は楽しいものではなかったようです。制作時にリンゴスターが脱退騒動を起こしています。この時期に生じた人間関係の軋轢を修復できぬまま、ビートルズは解散へと進みます。

  • 1969年 1月 10thアルバム『イエローサブマリン』リリース
  • 1969年 5月 アルバム『ゲットバック』がお蔵入り

バンドとしての原点回帰を目指して開始したゲットバックセッションはメンバー間の関係の悪化からうまくいかず。後に『レットイットビー』としてリリースされるまで日の目を見ませんでした。

  • 1969年 9月 11thアルバム『アビーロード』リリース
  • 1970年 5月 12thアルバム『レットイットビー』リリース
  • 1970年  12月 正式解散へ

最後の最後に気合いを入れて制作したのが『アビーロード』。あの横断歩道の有名なアルバムです。リリース時にはすでに4人で集まることさえままならぬ状態へ。そしてポールがビートルズの正式解散を求める訴訟を起こし実質的に解散状態となります。

ポールが解散訴訟を起こしたのはメンバーを入れ替えてビートルズを存続させないためです。振り返ってみると、やっぱりこれは英断だったと思います。

ビートルズは、ジョンレノンとポールマッカートニー、ジョージハリソン、リンゴスターの4人以外に考えられませんからね。最後に…

  • 2010年12月 英国政府により『アビーロード』の横断歩道が歴史遺産に指定される

やはりダニーボイルが言うように、ビートルズの存在は今なお大きいようです。

以上、ビートルズの歴史ダイジェスト年表でした。この記事を読み、ビートルズが残した歴史遺産(アルバム)に興味をもっていただけたら以下の記事も読んでみてください。

 オリジナルアルバムを紹介中

ごく簡単な解説を交えて紹介しております。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

スポンサーリンク
ビートルズを語るYoutubeもやっています!見てください!

ビートルズのマメ知識、新しい聞き方、新しい楽しみ方を日々探しておりますので、皆様の知ってるビートルズを教えていただければ幸いです。発信する情報はたまに間違っていることもありますが、大目に見てください。よろしくお願いいたします。

ビートルズの歴史
りばすみをフォローする
スポンサーリンク
リバプールに住みたい!!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました