【初期ビートルズ】ジョージハリソンの歌声を聞くならこの3曲!

ジョージハリソン

11月29日はジョージハリスン(George Harrison)の命日でしたね。悲しい日です。悲しみをぶっとばすためにジョージの歌声を聞きましょう。

ジョージと言えば後期ビートルズ(The Beatles)のイメージが強烈にあります。ヒット曲、名曲を連発したからでしょう。Something、Here Comes the Sun、While My Guitar Gently Weepsといった代表曲はすべて後期に書かれたものです。

ビートルズ中期のジョージの印象は?

これはもう間違いなくインドですね。Love You toやWithin You Without Youなんて曲はもう堂々たるインド音楽です。中期のジョージはラーガロックの伝道師というイメージがあります。

初期はどうなんでしょうか?

これといった代表曲が…。うーん、末っ子ビートルズといった印象でしょうか。そんな末っ子時代に注目して、ジョージが歌う名曲を紹介してしまいます( 動画もあります。読むのが面倒な方はこちらから)。

まずは1曲目!

スポンサーリンク

Devil In Her Heartをナイスカバー!

ここでいうビートルズ初期とはアルバム『プリーズプリーズミー』から『ヘルプ!』までの期間を指します。この間、ジョージは自作の曲も作っています。3曲あります。

最初に作ったのがDon’t Bother Me。アルバム『ウィズザビートルズ』に収録されています。

やっぱり、ジョンレノン(John Lennon)とポールマッカートニー(Paul McCartney)の二人の兄さんが作る曲にはちょっとクオリティが及んでいない感じがします。

でも、自作の曲だけがすべてじゃありません。カバー曲があります。Devil In Her Heartです。ビートルズがカバーした曲の中では3本の指に入る名曲だと思います。

聞けばわかりますが、ビートルズ得意のコーラスがさく裂しています。ジョージのたどたどしく聞こえるヴォーカルもまたいい!

カバー最高峰の曲だと思います。

Devil In Her Heartが収録されているアルバム『ウィズザビートルズ』
21週連続1位という記録を作った2ndアルバム。1stアルバムと合わせると51週連続1位!!イギリスでは、ほぼ一年間ビートルズが1位とい異次元の記録を作っています。冒頭の3曲で心をわしづかみにされます。All My Lovingを聞いたら間違いなくファンになります。カバー曲も名作ぞろい!

末っ子の強みを生かして歌うI’m Happy Just to Dance with You

2曲目はI’m Happy Just to Dance with Youです。作詞作曲のクレジットはレノンマッカートニーですが、実質的にジョンレノンの作品です。

アルバム『ハードデイズナイト』に収録されたこの曲は、ジョンからジョージへのプレゼント。

プレゼントした理由はジョージの出番を作るため。このころのビートルズはジョンとポールの完全二強時代。二人のシングルA面争い、アルバム収録曲もすべてレノンマッカートニー。

気づけばジョージの出番がない!そこに気を遣ったのがジョンレノンです。いや、ジョージがジョンに気を遣わせたのかもしれません。

この点が末っ子の強みです。

ちなみにもう1曲、ジョンがジョージにプレゼントした曲があります。デビューアルバムに収録されているDo You Want to Know a Secretです。

プレゼントの理由は同じだと思います。

末っ子力に負けたジョンレノンが兄貴感を出したものと考えられます。

I’m Happy Just to Dance with Youが収録されているアルバム『ハードデイズナイト』
全曲レノンマッカートニー作品の唯一のアルバム。初期ビートルズらしい疾走感を感じられるご機嫌な名作です。ビートルズは映画の分野でも革命的な存在。これまでの音楽映画の胡散臭さを一新。今のロック映画の礎を気づいた作品と言っても過言ではありません。この作品がなかったら映画『ボヘミアンラプソディ―』もなかったかも…。

才能の片鱗が見え隠れするYou Know What To Do

3曲目はオリジナルアルバムには収録されていない曲You Know What To Doです。Don’t Bother Meに続くジョージのオリジナル第二弾だったのですが、お蔵入り。

なぜだ!

1995年の『ビートルズアンソロジー1』でようやく日の目を見た曲です。

私は普通にこの曲が好きです。Don’t Bother Meと比べても格段に聞きやすく良い曲だと思います。レノンマッカートニー作品と比べると、もの足りなさはありますが、良い曲だと思います。

後期にその才能を花開かせたジョージですが、私的にはこの曲に才能が見え隠れしているような気がするのですが、いかがでしょうか?

『ヘルプ!』に収録されているジョージ作のI Need YouとYou Like Me Too Muchの2曲でも、おお!と思いましたが、それより先にYou Know What To Doがありました。おお!です。

中期と後期に注目されがちなジョージですが、初期も十分に楽しめますね。

ありがとうジョージハリスン!!

You Know What To Doが収録されている『ビートルズアンソロジー1』
ザ・クオリーメン時代からビートルズとしてのデビュー、『ビートルズフォーセール』までの未発表曲、アウトテイクが収録されています。コンサートでの演奏も収録されています。目玉はなんといってもFree As a Bird。生前のジョンが録音していたテープにポールとジョージ、リンゴが手を加えて完成させたビートルズの新曲です。

\ オリジナルアルバムの紹介記事を読む  /

全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。詳しいアルバムガイドです。購入に迷っている方は読んでください クリックして詳しく読む

もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。10分で分かるバージョンを用意しております。そして、忘れちゃいけない名曲ぞろいのシングルの歴史もあります。

 さくっと【10分で分かる歴史】をクリックして詳しく読む

 シングル曲の歴史をクリックして読む

手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。

歴史上最も評価の高いアルバムランキングを紹介!ビートルズの作品は何位?

\ ビートルズのグッズを買うならこの店しかない!  /


世界で一番歴史の長いビートルズ専門店「GET BACK」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました